ここから本文です

「確かに移籍を検討したよ」。マスチェラーノ、バルサ退団寸前も残留の理由を語る

フットボールチャンネル 8/17(水) 14:40配信

 バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、移籍を思いとどまった理由を語った。16日付け『マルカ』が報じた。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 この夏の移籍マーケットでバルセロナ退団が確実視されていたマスチェラーノは、ユベントスが移籍先の有力候補とされていたが、最終的には契約を延長することで残留という選択をした。

「確かにみんなが知っているように移籍を検討したよ。このクラブが要求しているレベルに見合うことができるかわからなかったからね」と語ったマスチェラーノだが、バルセロナとの契約延長で「常に評価されていると感じられたよ。何も文句はない」と、クラブからの評価を感じたことが残留の決め手になったことを明かしている。

 今季でバルセロナ在籍7シーズン目を迎えることに関しても、「このクラブに長年いると重要な人物になったのではないかと錯覚することもあるが、特別な存在だとは思わない。それぞれがぞれぞれの役割を果たすだけだ」と、間もなく開幕する新シーズンに向けての意気込みを述べた。

 マスチェラーノは2010/11シーズンにリバプールからバルセロナに移籍。2度のチャンピオンズリーグ優勝や4度のリーガエスパニョーラ優勝など、数々のタイトルをクラブにもたらしている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/17(水) 14:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。