ここから本文です

売春少女を保護して親元に返すと地獄を見る――セックスワークさえできない最底辺を生きる女性たち

ダ・ヴィンチニュース 8/17(水) 6:30配信

 読者は、風俗で働く女性や売春する未成年の少女に対してどのようなイメージを持っているだろうか。「何かしらに巻き込まれて、脅されて働いている」。「そんな仕事、辞めたらいいのに」。「そんなところで働く女なんて、きっととんでもない奴に違いない」。こんな声が聞こえてきそうだ。しかし『貧困とセックス』(中村淳彦、鈴木大介/イースト・プレス)を読めば、そんな偏見も変わるに違いない。セックスワークが、どうしようもない状況と貧困に追い込まれ、さまよう女性の受け皿となっていたら、同じことが言えるだろうか。本書は、途方もない日本の現実を知り尽くした二人が対談形式で「身も蓋もない話」をしている。最底辺を生きる女性の暗く解決策の見えない連鎖が暴露されているのだ。

 未成年の家出少女たちが全国から歌舞伎町に集まってきているのはご存じだろうか。彼女たちは行き場をなくし、最後の希望を求めて歌舞伎町へやってくる。家出少女がする仕事の一つが『援デリ』だ。まず、ここで誤解を解いておく。「未成年にセックスワークをさせるなんてとんでもない!今すぐそんなクソみたいな業者を叩き潰して、少女を保護しろ!」。こんな意見が一般的だ。しかし、これこそがクソみたいな画一的な解決策だ。このような一般論を述べる人たちは、彼女たちのバックボーンを理解していない。彼女たちは最後の希望を求めて歌舞伎町に来ている。つまり、それまでに彼女たちが何もしなかったわけではないのだ。

 歌舞伎町に出る前は、地元で普通の仕事を探しただろう。友達も頼っただろう。ところが、それも無理だった。著者の鈴木氏いわく、歌舞伎町で『援デリ』を含むセックスワークを選んでいる時点で、すでに地元でもセックスワークをしていた場合がほとんどだという。しかし、それでも彼女たちはダメだったのだ。だから歌舞伎町へやってくる。最後の希望だ。さらに、セックスワークで働く少女たちの親は、ほとんどがクレイジーだという。虐待で殺されそうになって家出してきた少女もいる。そんなことも知らず、画一的な解決策を実行とどうなるか。現在の保護プログラムでは、家出少女は、親元に返すことになっているという。最後の救いを求めて地元や家から飛び出してきたのに、保護して帰してしまうと、男に買われるより、さらに悲惨な地獄が彼女たちを待っている。未成年の売春は確かに絶対悪だが、このような救いようのないバックボーンを知ると、セックスワークはある種のセーフティーネットとなっていることが分かる。もっと言うと、偏見でしか解決策を示さない、売春の闇を知ろうともせず、盲目的に「なんとかしろ!」と叫んでいる世間も、彼女たちからしてみると悪に思えてくるのだ。この誤解を解かない限り、彼女たちを救う解決策は見出せない。

 しかし最近では、セックスワークはセーフティーネットの役目さえも果たせなくなってきているという。そもそも上記の少女しかり、なぜセックスワークへ流れる女性が減らないのか。それは、体を売ることでしか金を稼げない軽度の知的障害を持つ女性、壮絶な過去やDVによってまともに働けないくらい壊れてしまった女性、金に困窮するシングルマザーなど、ワケアリ女性の存在だ。

 かつて彼女たちは、世間の強い偏見の中でも金を稼いで生きてきた。しかしそれも崩れてきている。その理由は、セックスワークの一般化により、一般女性や女子大生が流れてきていることだ。その要因として、まずは雇用の崩壊による収入の低下だ。雇用の崩壊が始まったのが1997年。2003年の労働者派遣法の改正。これにより、日本の世帯収入が月5万円から6万円減った。収入が減れば、何かで埋め合わせをしなくてはいけない。そして、風俗系の広告代理店の広告努力も大きいという。「AV女優の憧れ」「風俗ってこんな簡単に金を稼げるのか」そんな広告を作る努力をした結果、セックスワークが一般化し、まともな女性が流れてきた。すると、今までセックスワークで何とか稼げていたワケアリ女性たちが、一般女性によって行き場を失っていく。セックスワークは究極のサービス業であり、ワケアリ女性ではどうやっても一般女性のサービス力には勝てない。今までは社会的底辺に「セックスワークで働く女性」の項目があった。しかし、一般女性がそこを食いつぶし、さらに最底辺の項目ができた。「セックスワークでさえも金を稼げない女性」たちだ。この最底辺へ追いやられたワケアリ女性たちはどうなるか。さらに劣悪な環境のセックスワークへ移るか、貧困の闇に消えていくことになる。この層へ落ちたら未来はない。元々別の仕事ができない、もしくはそれくらい追いやられている、という女性たちだ。助けてくれる人も当然いない。想像しがたい絶望だ。それでも生きたい。生きなくてはいけない。すると、シングルマザーの口から娘にこんな言葉が出る。「ねえ、風俗で働きなよ」。親子でカラダを売る、未来のない連鎖が始まる。この一部が、先ほどの家出少女につながるのだ。

 本書を読めば、いかに自分たちが無力で、偏見まみれで、間違った解決策を叫んできたかが分かる。セックスワークをしている人たちの大半は「お金がない」という貧困が根っこにある。確かに違法業者を摘発するのはいいことだ。しかし、その後のケアがないと、彼女たちは路頭に迷うだけだ。「行政があるのではないか?」と思われるだろうが、行政も我々と同じで現場や人を見ていない。そうでしか生きられない人たちに仕事先を紹介しても、無理なものは無理だ。どうしようもなく病んでいる。もしくは壊されているのだ。下手に少女を親元へ返したら、虐待で殺されてしまうかもしれない。「なら、どうしたらいいのか?」。この現実を受け入れて、ようやくその疑問へたどりつく。世間体を気にして、生活保護を拒む。もしくは、生活保護を申請する力さえ残っていない。そんな女性たちをどうしたらいいのか。この貧困問題は、そのスタートラインにも立っていない。

 大手メディアが報道する内容といえば、セックスワークで傷ついた被害者ばかりだ。確かに彼女たちも救う必要がある。しかし「私、傷つきました」「助けてください」と叫ぶことさえできない女性たちもいることを、大手メディアは知らない。傲慢な取材では一生見えてこない闇だ。沖縄は貧困が進みすぎて、親子三代セックスワークをやっていて、それが当たり前となっている家庭もある。介護業界に向いていない人を雇用しすぎて、現場が混乱し、悲惨なことになっている。それでも大手メディアが報道する内容は「沖縄は美しい」「介護業界は人手不足だ」という見慣れたものばかりだ。問題はもっと根深い。日本の闇が、ちょっと垣根を超えるとはびこっている。本書を読んで、あまりの現実に気が狂いそうになった。著者の二人は、すでに色々とこじらせている。こんなに救いようのない話が書かれた書籍は初めてだ。何も言えない。伝えることしかできない。読者は、本書を絶対に読んでほしい。そして私と同じように救いようのない気持ちに陥ってほしい。くそったれな気分にさせる日本の闇は、どこまで広がるだろうか。

文=いのうえゆきひろ

最終更新:8/17(水) 6:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)