ここから本文です

米体操女子「ファイナル・ファイブ」にリーダーたちが学べること

Forbes JAPAN 8/17(水) 8:00配信

開幕前の準備状況について、多くの心配の声が聞かれたリオデジャネイロ五輪だが、競技が始まって以降は多くの人の心を捉え続けている。競泳男子のマイケル・フェルプス以外に米国人の多くが注目したのは、「ファイナル・ファイブ」と呼ばれる体操女子団体の選手たちだ。彼女たちについては、ただ素晴らしいと言うほかない。



シモーヌ・バイルズとキャプテンのアリー・レイズマンら、メンバーたちの姿から頭に思い浮かぶ言葉は、彼女たちが心の奥深くに持つ気概と決意、そして情熱だ。ビジネスにおいて、リーダーたちがこの5人から学ぶことがあるとすれば、それは何だろうか。

1. 集中する

目標を定めた後、決定的に重要なのは集中力だ。ファイナル・ファイブは、「世界一になる」という自分たちの目標を理解している。そして、競技に臨む彼女たちの目からは、目標に集中していることがよく分かる。注意散漫で優柔不断な傾向があるリーダーたちは、指導力を必要とする者たちを率いる力を失う。仕事も人生も、目標はいつも一つという訳ではない。だが、リーダーには集中することが必要だ。

2. 深く掘り下げる

真のリーダーは、プレッシャーの下でもそれに耐えるだけのモチベーションを探し出す方法を認識しておく必要がある。何百万という人の前で演技をする体操選手ほどのプレッシャーを、仕事の場で受けることはほとんどない。だが、リーダーたちは、ほんの一瞬でも足を踏み外したときにいかに掘り下げて考え、立ち直るかについて知っておく必要がある。

3. 激励する

チアリーダーのような熱狂的な応援はばかげているし、表面的だ。私たちの誰もがそう考えている。だが、「大丈夫、私がついている」という励まし方には、その人が持つ最高の力を引き出す力がある。彼女たちの仲間意識は、同じ一つのメダルを争う中においても見て取ることができる。いつでも簡単にできるというものではないが、本物のチームワークを築くことができれば、それは千金に値するものとなる。

1/2ページ

最終更新:8/17(水) 8:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。