ここから本文です

【J2全試合採点|28節】首位・札幌を破った横浜FCの殊勲者はDF西河。2位・松本は痛恨ドロー

SOCCER DIGEST Web 8/17(水) 16:30配信

京都は山形に勝ち切れず上位との差は縮まらず。

8月11日/18:04/NDスタ/14,450人
山形 0-0 京都
前半 0-0
後半 0-0
得点者/山形=なし 京都=なし
 
【採点理由】
両チームとも気迫を見せた好ゲーム。山形で高く評価したのは、粘り強くコンパクトに対応して13試合ぶりに完封した守備陣だ。MOMはCBの渡辺。田代とともに最終ラインをまとめ上げ、終了直前の大ピンチ──ダニエル・ロビーニョがGK山岸までかわした場面では、フリーで詰めた掘米とアンドレイよりも早くこぼれ球をクリア。身上とする粘りのディフェンスを体現した。
 
【チーム採点】
山形 6.5
京都 6
 
【MAN OF THE MATCH】
渡辺広大(山形)
 
【山形|選手採点】
GK
1 山岸範宏 6.5
 
DF
2 田代真一 6.5
3 渡辺広大 6.5
4 宇佐美宏和 6.5
6 山田拓巳 6
 
MF
5 アルセウ 6(61分OUT)
10 伊東 俊 6(80分OUT)
11 ディエゴ 6
16 佐藤優平 6.5
18 川西翔太 6.5
 
FW
8 林 陵平 6(75分OUT)
 
交代出場
MF
7 松岡亮輔 6(61分 IN)
 
FW
33 大黒将志 6(75分 IN)
 
FW
17 鈴木雄斗 -(80分IN)
 
監督
石﨑信弘 6.5
 
【京都|選手採点】
GK
1 菅野孝憲 6
 
DF
2 菅沼駿哉 6
3 染谷悠太 6(21分OUT)
6 本多勇喜 6
26 下畠翔吾 6
 
MF
8 アンドレイ 6.5
11 堀米勇輝  6.5
14 山瀬功治 6(90+1分OUT)
22 佐藤健太郎 6
 
FW
10 エスクデロ競飛王 6.5
16 イ・ヨンジェ 5.5(71分OUT)
 
交代出場
MF
5 岩沼俊介 6(21分IN)
 
FW
9 ダニエル・ロビーニョ 6.5(71分IN)
 
DF
24 内田恭平 6(90+1分IN)
 
監督
石丸清隆 6
 
取材・文:嶋 守生(フリーライター)
 
******************
 
8月11日/18:03/Ksスタ/4,952人
水戸 1-1 熊本
前半 0-1
後半 1-0
得点者/水戸=R・フランク(53分) 熊本=黒木(30分)
 
【採点理由】
立ち上がりから攻勢に出た水戸だったが得点には至らず、逆にミスから失点。後半R・フランクの同点弾で辛くも引き分けたが、石神と今瀬の両SBの不調がチームを混迷へと導いてしまった形だ。
 
【チーム採点】
水戸 6.5
熊本 5.5
 
【MAN OF THE MATCH】
ロメロ・フランク(水戸)
 
【水戸|選手採点】
GK
21 笠原昂史 5
 
DF
6 石神幸征 4.5
20 今瀬淳也 4.5(79分OUT)
24 細川淳矢 5.5
33 福井諒司 5.5
 
MF
8 ロメロ・フランク 6
10 船谷圭祐 5(HT OUT)
17 湯澤洋介 5.5(72分OUT)
18 白井永地 5.5
26 佐藤和弘 5.5
 
FW
34 平松 宗 6
 
交代出場
FW
37 久保裕一 6(HT IN)
 
DF
3 佐藤和樹 5.5(72分IN)
 
MF
22 内田航平 -(79分IN)
 
監督
西ヶ谷隆之 5.5
 
【熊本|選手採点】
GK
30 佐藤昭大 5.5
 
DF
2 黒木晃平 5.5
4 園田拓也 5
33 薗田 淳 5
7 片山奨典 5
 
MF
8 髙柳一誠 5
22 上原拓郎 5
27 中山雄登 5(60分OUT)
17 岡本賢明 5.5(88分OUT)
 
FW
10 清武功暉 5.5
36 巻誠一郎 5(82分OUT)
 
交代出場
MF
39 嶋田慎太郎 5.5(60分IN)
 
FW
25 若杉拓哉 -(82分IN)
 
MF
14 キム・テヨン -(88分IN)
 
監督
清川浩行 5
 
取材・文:根本靖幸(フリーライター)
 
******************
 
8月11日/18:03/味スタ/3,658人
東京V 4-1 金沢
前半 1-1
後半 3-0
得点者/東京V=澤井×2(66分、77分)、井林(12分)、A・ピニェイロ(90+6分) 金沢=辻尾(38分)
 
【採点理由】
東京Vが金沢に4発快勝。特に活躍が目立ったのは2得点の澤井と3アシストの安在だ。澤井はチャンスを逃さずゴールに結びつけ、安在は持ち前の正確なクロスでゴールをお膳立てした。金沢はダビが抜群のスピードを見せたが、結局は東京Vのゴールは割れず。周囲とのコンビネーション不足が目についた。
 
【チーム採点】
東京V 6.5
金沢 5
 
【MAN OF THE MATCH】
安在和樹(東京V)
 
【東京V|選手採点】
GK
31 鈴木椋大 6
 
DF
2 安西幸輝 5.5
3 井林 章 6.5
5 平 智広 5.5
6 安在和樹 7
 
MF
13 船山祐二 5.5(90分OUT)
8 中後雅喜 5.5
14 澤井直人 7
10 高木善朗 6.5
 
FW
29 北脇健慈 5.5(83分OUT)
7 杉本竜士 5.5(59分OUT)
 
交代出場
FW
9 アラン・ピニェイロ 6.5(59分IN)
 
FW
18 高木大輔 -(83分IN)
 
MF
23 田村直也 -(90分IN)
 
監督
冨樫剛一 6.5
 
【金沢|選手採点】
GK
31 原田欽庸 5
 
DF
15 辻尾真二 5.5
27 廣井友信 5(75分OUT)
3 作田裕次 5
18 野田紘史 5
 
MF
38 中美慶哉 5
40 秋葉 勝 5(63分OUT)
8 山藤健太 5.5
10 熊谷アンドリュー 5
 
FW
30 山﨑雅人 5(69分OUT)
39 ダビ 5.5
 
交代出場
MF
6 安東 輝 5(63分IN)
 
FW
14 金子昌広 5(69分IN)
 
DF
5 太田康介 5(75分IN)
 
監督
森下仁之 5
 
取材・文:海江田哲朗(フリーライター)
 

J2リーグ順位表

1/4ページ

最終更新:8/17(水) 16:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。