ここから本文です

コンテ、ラニエリ、アンチェロッティ etc.……国外で活躍するイタリア人監督の強みとは?

SOCCER DIGEST Web 8/17(水) 17:21配信

選手とは対照的に、イタリア人監督の重要は高まるばかりだ。

 アントニオ・コンテの切れ味、クラウディオ・ラニエリの皮肉の効いたジョーク、フランチェスコ・グイドリンの真摯さ。それだけではない。ジョバンニ・デ・ビアージの堅実な積み重ね、ワルテル・マッザーリの執着心、そしてカルロ・アンチェロッティの風格――。
 
 これほど多くのイタリア人監督が国外で活躍するシーズンは過去に例がない。
 
 欧州で最も重要なリーグであるプレミアリーグだけで、なんと4人。昨シーズンのチャンピオンとなったレスターのラニエリ、途中就任でスウォンジーを残留に導いたグイドリンに加えて、コンテがチェルシー、マッザーリがワトフォードの新監督に就任した。
 
 1年の充電期間を経たアンチェロッティは、欧州最強を争うメガクラブ、バイエルンを率いてブンデスリーガという新たな舞台に臨む。彼にとっては、セリエA、プレミアリーグ、リーグ・アン、リーガ・エスパニョーラに続く5つ目のリーグだ。
 
 さらに、アルバニア代表を史上初のビッグトーナメント出場(EURO2016)に導き、本大会では初勝利をもたらしたデ・ビアージの功績も忘れるわけにはいかない。
 
 彼らのキャリア、野心、そして実績は、近年大きな困難に直面しているイタリア・サッカーに誇りと小さな光明をもたらしている。
 
 これは、ひとつのパラドックスだ。イタリアのクラブチームは国際的な栄光から久しく遠ざかっているし、タレントという意味でもイタリアはこのところ、ワールドクラスの選手を輩出できずに苦しんでいる。
 
 ところがそれとは対照的に、イタリア人監督への需要は高まるばかりだ。これは、サッカーの世界において「イタリア人監督」というカテゴリー、別の言い方をすれば「流派」が明確なかたちで確立されているという事実を示すものだ。
 
 実際、過去にも国際舞台で実績を残してきた指揮官は少なくない。ジョバンニ・トラパットーニは、ユベントス、インテル、バイエルン、レッドブル・ザルツブルク、ベンフィカという4か国5クラブでリーグ優勝を勝ち取った。
 
 ロベルト・マンチーニも、マンチェスター・シティでプレミアリーグを、ルチアーノ・スパレッティはゼニト・サンクトペレルグルクを率いてロシア・リーグをそれぞれ制している。ロベルト・ディ・マッテオはチェルシーで、チャンピオンズ・リーグ(CL)優勝監督になった。
 
 他にも、ネビオ・スカラ(ドルトムント)、アンドレア・マンドルリーニ(クルージュ=ルーマニア)、アルベルト・ザッケローニ(日本代表)がそれぞれのチームで、重要な実績を残している。

1/4ページ

最終更新:8/17(水) 17:32

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。