ここから本文です

アデルのそっくりさん、本人のステージへ

ローリングストーン日本版 8/17(水) 18:00配信

アデルがシアトルのキーアリーナでのステージに、地元のアーティスト、クリスティ・シャンペンさんを招いた。

アデル、新曲のミュージック・ビデオを初公開

先日、アデルがシアトルのキーアリーナでステージに立った時、彼女は聴衆の中によく見慣れた顔、つまり"自分自身の顔"を見つけた。地元のドラッグ・アーティスト、クリスティ・シャンペン(本名クリストファー・ゼロ)さんだった。全身アデルそっくりにドレスアップしていたクリスティさんは、アデルの要望に応えてステージに上った。

「あなた凄いじゃない、やだ」とアデルは語りかける。シャンペンさんは、アデルが『Send My Love (To Your New Lover)』のMVで着ていたのとそっくりな手製のロングドレスを着ていた。「あのドレス、大好きなのよ」と言い、アデルは彼女のドッペルゲンガーを温かい抱擁で包んだ。

シャンペンさんは、アデルのそっくりさんとして週に2回、シアトルのジュリアズという店に出演していると話し、次のように付け加えた。「あなたは私の人生をマジで良い方向に変えてくれたわ」。その後、シャンペンさんはこの体験について「夢が叶ったわ」とツイートしている。

アデルは、自分のことを真似るファンに対して寛容だ。昨年11月のBBCの特別番組では、アデル本人がニセのアデルになりすまして、ウィンブルドン・シアターで行われたドッキリ企画の架空オーディションに出演している。

Translation by Kise Imai

SARAH GRANT

最終更新:8/17(水) 18:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。