ここから本文です

イエメンでも「国境なき医師団」病院に空爆

ニューズウィーク日本版 8/17(水) 16:09配信

<内戦が続くイエメンで「国境なき医師団」が支援する病院が空爆され、11人が死亡した。これまでに数百人の子供が死亡し、少年兵も増えている。サウジ主導のアラブ連合軍とイランが支援するフーシ派の戦闘は長引き、もはや病院すら安全な場所ではない> (写真は空爆を受けた病院の敷地内で、遺体の一部を回収する作業員、8月16日)

 内戦が続くイエメン北西部のハッジャ州アブスで15日、医療・人道援助団体の国境なき医師団(MSF)が支援する病院が空爆され、11人が死亡したとMSFが発表した。MSFスタッフ1人を含む9人が即死し、さらに2人が病院へ搬送される途中に死亡。負傷者は19人だった。

 病院では当時、23人の患者が手術を受けていた。産科病棟には25人の妊産婦と新生児13人、小児科にも12人の子供がいたという。

 空爆で病院を半壊させたのは、サウジアラビア主導の連合軍とみられている。MSFによれば、爆撃当時、病院は度重なる戦闘と空爆により運び込まれる患者で一杯だった。

【参考記事】イエメン内戦で600万人が飢餓に直面

 イエメンでは2015年1月、シーア派大国イランの支援を受けるシーア派の反体制武装勢力フーシ派がクーデターを起こし、アブドラボ・マンスール・ハディ大統領が亡命に追い込まれた。サウジアラビアが主導するスンニ派9カ国のアラブ連合軍は、ハディ政権を支持、同年3月からイエメンのフーシ派の拠点に空爆を行っている。国連によれば、これまでに6000人以上が死亡、250万人が故郷を追われて難民や国内避難民となった。

 国連は6月、サウジ連合軍が空爆で数百人の子供を殺害しているとのレポートを発表した。一方でフーシ派も、少年兵を勧誘しているとして批判されている。

【参考記事】アラブ合同軍は何を目的とするのか

 MSFのイエメン支部は「この1年でMSFの施設が攻撃を受けたのは4回目だ。イエメンでは暴力が民衆に過度の負担を強いている」と声明を出した。「病院で安全に働いているはずだった我々のスタッフと10人の患者の家族に、またお悔やみの言葉を送らなければならないことに怒りを感じる」

病院はターゲット

 声明は「4回目」の残り3回がどの攻撃を指すかは明示していないが、例えば2015年10月には、米軍の武装ヘリコプターがアフガニスタン北部クンドゥズでMSFが支援する施設を誤爆、42人以上が死亡する事件があった。

 シリアでは、MSF支援病院などの病院が、シリア政府軍やロシア軍のターゲットになっている。住民の生存に不可欠な施設を破壊して一刻も早く追い出すためだ。

【参考記事】イエメンに「春」は訪れるか

 イエメンの病院空爆では、疑われたサウジ連合軍が調査に着手したが、AFP通信によればその翌日、イエメンからサウジアラビアにフーシ派によるものとみられる報復砲撃があり、市民7人が死亡したという。

 イエメン内戦が始まってすでに1年半以上が経つ。イエメンの子供にとってはハディ政府もフーシ派も地獄の選択肢でしかない。

コナー・ギャフィー

最終更新:8/17(水) 16:09

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。