ここから本文です

トランプがイスラム過激派対策で公約した「思想審査」がオランダにあった

ニューズウィーク日本版 8/17(水) 17:41配信

<オランダには、まるでイスラム教徒に対する踏み絵のような試験がある。トランプが提案した「思想審査」はこれを元にしていると思われる>

 かねてから主張してきた「イスラム教徒入国禁止」よりは穏健になったと言うべきか──米共和党の大統領候補ドナルド・トランプは今週、イスラム過激派対策として移民申請者に「厳格な思想審査」を行う方針を打ち出した。具体的には、異なる宗教や性的マイノリティー、女性の権利などに対する考え方を調べるテストをする考えらしい。

【参考記事】史上最悪の銃乱射、トランプが「イスラム入国禁止」正当化

 だとすれば、そっくりの先例がある。トランプはオランダの真似をしたのではないだろうか。オランダでは2006年の移民法で、同国の世俗的な価値観を共有できるかどうかの試験を移民希望者に義務付けている。その実態を見ると、トランプの思想審査で何が起こるのか想像がつく。

 オランダの移民試験は「西側以外の人」が対象で、ヌードや同性愛者をオランダ人と同じように許容できるかどうかを問う。

 移民希望者は、出国前にこの試験に合格し、オランダ語の語学力と文化的な寛容度を証明しなければならない。

まるで踏み絵

 オランダ政府が試験前の準備用として配っているフィルムでは、草原でキスし合う2人の男性を映し出し、「公共の場で男性同士がキスするのを見たらどうしますか?」と受験者に問いかける。「腹が立ちますか?」

 魅力的なトップレスの女性が出てくるシーンもある。続いて、「オランダ人はこんなことでいちいち目くじらを立てません」というナレーション。

 人権団体は、こうした試験はイスラム教徒など特定の人々を排除する道具になると非難する。

【参考記事】オランダよお前もか!イスラム差別

 人権団体のヒューマンライツ・ウォッチは、この試験はオランダに大きな移民コミュニティーを築いているイスラム教国、モロッコとトルコからの移民を減らすために設計されたものだと指摘する。

 イスラム教国では不敬にあたるであろうこうした映像で怒らせ、希望を挫くだけでは足りないのか、交通渋滞や失業生活、現地に溶け込む難しさ、そして海抜より低い土地が大半の国土を襲う洪水まで見せる。

 移民のためを思っているかのように装っているのが何とも偽善的だ。トランプなら、もっと堂々と差別するかもしれないが。

From Foreign Policy Magazine

ヘンリー・ジョンソン

最終更新:8/17(水) 17:41

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)