ここから本文です

李小牧の都知事選観察記、嵐を起こす「鉄娘子」に感服 - 李小牧(り・こまき) 元・中国人、現・日本人

ニューズウィーク日本版 8/17(水) 18:50配信

<新東京都知事の小池百合子氏は「正直、好みのタイプ(笑)」だが、それだけでなく中国語で言う「鉄娘子」であり、彼女のようなリーダーがこれからの日本に求められていると改めて感じた。昨年の新宿区議会選挙に立候補した李小牧が、参院選、都知事選、都議会議員補欠選と選挙尽くしの1カ月を終えて学んだこと>

 2016年7月は選挙尽くしの1カ月だった。7月10日の参議院選挙、そして31日の東京都知事選、東京都議会議員補欠選挙(新宿区選挙区)と3つの選挙があったのだ。昨年の新宿区議会選挙に民主党(現・民進党)推薦で出馬した私、李小牧にとっても大忙しの1カ月となるはず......だった。

 このコラムを読んでくださっている方ならばもうご存知だろうが、私は好奇心が旺盛だ。昨年は日本国籍を取得し、初めての立候補、初めての落選と、多くの"初体験"に胸を躍らせた。今度は初の選挙応援だと楽しみにしていたのだが、お声がかからない。

【参考記事】選挙に落ちたら、貿易会社の社長になれた話
【参考記事】歴史を軽視した革命思想から解き放たれ、初体験は55の夏

 都議会補選に出馬した民進党の猪爪まさみ氏には「なんでも協力します」と連絡し、選挙運動用法定葉書を送る仕事を依頼された。宛名書きについては知らない方も多いだろう。協力関係にある政治家の選挙葉書を自分の支持者宛に送るのだが、個人情報を手渡すことはできないため、相手先の事務所で一心不乱に宛名書きをするという地味な作業になることが多い。私も今回宛名書きをさせていただいたし、猪爪氏も昨年は私の事務所で数百枚の葉書に宛名を書いてくれた。

 宛名書きの他にも、応援演説でもチラシ配りでもなんでもやりたかったが、お声がかからないのでは仕方がない。そこで私は空いた時間を選挙研究に費やした。これまで作家、ジャーナリスト、コラムニストとして日本の選挙を追ってきたが、自分の選挙を経験すると意識がまったく変わる。「なるほど、立候補者が駅に入る時にはたすきをとるのか」といった小さな事柄(公職選挙法166条で駅構内や公共機関での選挙活動は禁止されている)に気がつき、細かい配慮や戦略がよく見えるのだ。この勉強を肥やしにしていきたいと思う。

【参考記事】都知事に都議会の解散権はない......が、本当に解散は不可能か?

鳥越俊太郎氏に感じた「それ以前の問題」

 多くを学んだが、ここではもっとも注目を集めた東京都知事選の主要3候補、鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、小池百合子氏から学んだことを紹介したい。

 まずは鳥越俊太郎氏について。ぜひ街頭演説を聞きたいと思ったのだが、思わぬところに落とし穴があった。演説の回数も少ない上に、どこで街頭演説をするのか情報がさっぱり出てこないのだ。国政に関する話ばかりで都政について話さない、演説時間が短いなどと批判されていたが、いつやるかわからないのではそれ以前の問題だ。

 にわか選挙研究者と化した私はテレビや新聞、SNSで情報を収集していたが、それでもよくわからない。小池百合子陣営が翌日の日程をネットでわかりやすく公開していたのと対照的だった。これでは一般人にリーチすることは難しそうだ。8月11日付ハフィントンポスト日本版に掲載されたインタビューでは、「(ネットは)裏社会だと思っている」と断じていた鳥越氏だが、せめて告知ツールとしては有効活用するべきだったのではないだろうか。



 続いて増田寛也氏について。中野駅前の演説を聴いた。やはり知名度不足がたたっているのか、あまり人が集まっていない。以前に同じ場所で別の政治家の演説を聴いたことがあるが、その時は駅前の階段まで人でぎっしりだった。今回は増田氏の周辺にしか人は集まっていなかった。

写真:筆者

 印象深かったのが、増田氏が私のすぐ近くまで来た時のことだ。握手しようと私が差し出した手に気付かなかったようで、増田氏は通り過ぎてしまった。それを見たスタッフが増田氏に耳打ちすると、すぐにきびすを返して握手してくれた。こうしたスタッフの細やかな心遣いは票の差を生むことになるのだろう。

女性や外国人の力が都政には不可欠だ

 そして小池百合子氏。高田馬場駅前で街頭演説を聞いた。投票日直前というタイミングで疲れていたせいか、はたまたすでに勝利を確信していたせいか、集まった人々とふれあう時間は短かった。それでも強いパワーを感じさせた。

 正直に告白すると、小池百合子氏は私の好みのタイプである。まず顔が好みだ(笑)。8年前、ニューズウィークに「『鉄娘子』小池百合子こそ日本の首相にふさわしい」と題したコラムを寄稿し、「思わぬ所に藤あや子似の美人を発見した。自民党総裁候補の小池百合子だ」と書いたほど。ちなみに石原慎太郎氏の"厚化粧"発言が物議をかもしたが、彼と私は歌舞伎町浄化作戦をめぐって激論を交わした因縁の仲である。どうやら女性の好みでも正反対らしい。

写真:筆者

 さて冗談が過ぎた。もちろん顔がポイントなのではない。5つもの政党をわたり歩きながら、自らの個性を発揮し続ける強さに感嘆したのだ。鉄のような精神力を持つ、強い女性のことを中国語で「鉄娘子」と言う。小池氏は今回も「鉄娘子」の本領を発揮し、メディアと都民の注目をかっさらい、批判にも軽妙に応じながら、無所属という劣勢をひっくり返して当選を果たした。

 民進党関係者としては残念だが、小池氏のような「鉄娘子」が日本に求められていることは間違いない。日本は素晴らしい国だが、政治的にも経済的にも停滞感が漂っている。空気を読まずに嵐を起こし続ける強さが必要なのだ。当選した以上は都知事としても嵐を起こし続けていただきたい。そのためには新しい力が必要だ。

 女性活用、そして外国人の力を取り入れることも不可欠だろう。保守派として知られる小池氏だが、そうした枠組みを突破できるかどうかに注目している。もちろん必要とされれば、「元・中国人、現・日本人」の私もアドバイスを惜しまないつもりだ。

 楽しみなのが8月22日(日本時間)のリオ五輪閉会式だ。次期開催地の首長として小池百合子氏は登場する。東京を世界にアピールする絶好の機会、藤あや子似の容貌を生かしてド派手な着物姿で世界を驚かせて欲しい。

李小牧(り・こまき)

最終更新:8/17(水) 18:50

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)