ここから本文です

京都市がFCV・ミライを活用したカーシェアリング事業をスタート!

clicccar 8/17(水) 7:03配信

京都市は昨年、4人乗りFCV(燃料電池車)のトヨタ・ミライを3台導入しました。



【この記事に関する関連する別の画像を見る】

市民を対象とした モニター制度によるFCVカーシェアリングを約1ヵ月間実施するなど、温室効果ガスの排出が無く、将来のエネルギーとして中心的な役割を担うことが期待される「水素エネルギー」の普及拡大に取り組んでいます。

そして同市は今回、水素エネルギーの更なる普及拡大に向け,「タイムズ」と共同で全国初となるFCVを活用した本格的な有料カーシェアリング事業をスタートさせました。

日祝日(振替休日含)と市内水素ステーションの休業日を除く、今年の8月10日(水)から来年の3月24日(金)までの期間に渡って実施しており、3台の車両はタイムズカーレンタル京都新幹線口店で貸し出しています。



・貸出 9時30分~22時/返却 8時~22時
・返却前の水素充填は不要
・返却時に走行キロ換算料金により店舗で精算

利用予約は3ヵ月前から可能で、最長利用期間は7日間。

利用料金(消費税込)は6時間までが9,000円、12時間までが11,000円、24時間までが13,000円、追加1日ごと 11,000円、追加1時間ごと 1,500円となっています。

これから秋にかけて行楽シーズンとなるなか、紅葉の京都をクリーンエネルギーで走行するFCVで巡るのも良いかもしれません。

(Avanti Yasunori)

最終更新:8/17(水) 7:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革