ここから本文です

「寒の地獄」「神の湯」…冷鉱泉でクールダウン!

R25 8/18(木) 7:00配信

温泉といえば冬…が定番だが、実は暑い時期にこそ入りたい“温泉”がある。それが、泉温25度未満の冷たい温泉「冷鉱泉」だ。日本全国にある温泉のうち約17%しかないという貴重な冷鉱泉は、温泉としての効能もありながら、暑さでうだった体をひんやりクールダウンできるのが魅力。そこで全国各地の冷鉱泉の中から、8~9月に訪れたいオススメのスポットを、NPO法人「健康と温泉フォーラム」理事で温泉博士の川崎義巳さんに5カ所ピックアップしてもらった。

●「赤城温泉郷 滝沢温泉」

人里離れた山奥にひっそりと佇む滝沢温泉は、「まさに秘湯」といった趣。シュワシュワとした炭酸の濁り湯が特徴で、1分ほど入浴すれば体中を小さな泡が包み込み、美肌効果を期待できる。濁り湯は時間や天候によって色が変わるそう。源泉は飲用も可能なので、入浴後は天然の炭酸水でのどを潤す…なんて楽しみ方も。

所在地:群馬県前橋市粕川町室沢滝沢241
泉温:24.5℃
泉質:カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
日帰り入浴料:600円
日帰り入浴営業時間:10時半~15時
料金:一泊1万円~(税別、1室2名利用時の1名料金)
URL: http://www.takizawakan.com/

●「毒沢鉱泉 神の湯」

武将・武田信玄が450年前に金採掘の際に出た怪我人の治療に利用したとされる冷鉱泉。浸かることで神経痛などが和らぐほか、飲用すれば貧血や慢性的な消化器系の疾患にも効果があるといわれている。霊山守屋山、諏訪大社上社・下社に近いこともあり、宿泊者のなかには神秘的なご利益や健康効果を求めて毒沢鉱泉を訪れるリピーターも多いのだとか。

所在地:長野県諏訪郡下諏訪町社7083
泉温:12℃
泉質:含鉄(II)-アルミニウム-硫酸塩冷鉱泉
日帰り入浴料:800円(大人)
日帰り入浴営業時間:10~21時(土曜・休日前は15時まで)
宿泊料金:一泊1万1000円~(税別、1室1名利用時)
URL: http://www.kaminoyu.com/

●「下仁田温泉 清流荘」

希少性の高い「含二酸化炭素炭酸水素塩泉」は、毛細血管を拡げて血圧を下げる効果アリ。大自然に囲まれた露天風呂では、近くの渓流のせせらぎをBGMにして、開放的な気分で掛け流しの冷鉱泉の源泉を浴びられる。宿で提供される料理は、亭主が自ら飼育するイノシシや鹿、キジを使用した滋味あふれる美味しさ。

所在地:群馬県甘楽郡下仁田町吉崎769
泉温:16℃
泉質:含二酸化炭素-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉
日帰り入浴料:800円
日帰り入浴営業時間:11~14時半
料金:一泊1万2750円~(税抜、1室2名利用時の1名料金)
URL: http://www.s-seiryuusou.com/

●「八塩温泉 神水館」

6500万年前~200万年前に閉じ込められた“化石海水”が、現代になって湧き出したという八塩温泉。塩分濃度が高く、海の無い群馬県にいながら海水浴をしているかのような感覚だ。豊富に含まれたナトリウムイオンと塩素イオンは、神経痛、筋肉痛、関節痛などに効果的。神流川のほとりに佇む昭和6年創業の神水館の建物は、和洋折衷のインテリアが大正ロマンの情緒たっぷり。

所在地:群馬県藤岡市浄法寺6番地
泉温:15℃
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
日帰り入浴:なし
宿泊料金:一泊1万2030円~(税別、2名1室利用時の1名分)
URL: http://www.shinsuikan.sakura.ne.jp/index.html

●「寒の地獄温泉 山の宿 寒の地獄旅館」

水着着用で入る混浴の冷泉浴場は7月~9月の期間限定オープン。冷鉱泉のある宿の中でも特に水温が冷たく、体が寒さで震えるまで我慢をした後に、ドラム缶のストーブが焚かれた暖房室で暖をとるのが正しい入浴方法。繰り返すことで皮膚病に効果があるのだとか。宿で囲炉裏を囲みながらいただく豊後牛の溶岩焼きなどの懐石も評判だ。

所在地:大分県郡玖珠郡九重町飯田高原
泉温:14℃
泉質:単純硫黄泉(硫化水素泉)
日帰り入浴料:500円
日帰り入浴営業時間:9時~16時
料金:一泊1万3000円~(税抜、1室2名利用時の1名料金)
http://www.kannojigoku.jp/


冷鉱泉に入って暑さを吹き飛ばすのもいいけれど、冷鉱泉の効果を実感するためには、温かいお湯にも併せて入浴するのが効果的と川崎さん。

「冷鉱泉の旅館には加温した温浴も併設されているので、ぜひ温泉と冷鉱泉に交互に入る“温冷交代浴”を試してください。交感神経が刺激され新陳代謝も活性化し、自然治癒力が高まります」

残暑の疲れがどうにも取れない…という時は、冷鉱泉で心も体もひんやりリフレッシュしてみては?
(有栖川匠)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/18(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ