ここから本文です

節約を始めると家電が壊れる女性 ご先祖様に手を合わせる

NEWS ポストセブン 8/18(木) 7:00配信

 人間たるものできることなら、ハッピーな出来事ばかり起きて欲しいもの。しかし、現実はそんなに甘くなく、不幸ばかりが続いてしまう…。とはいえ、不幸話はいいネタになるのも事実。というわけで、女の不幸自慢話を紹介する。まずは、パート勤務のA子さん(43才)のお話。

 * * *
 この4月から息子が大学生になって、まあお金がかかること。入学金、前期授業料で150万円。そのほか、大学までの交通費やら教科書代だってバカになんない。

 これは生活を見直さなければと、夫の少ない小遣いまで減らし、おかずも減らしたというのに。うちだけ? 節約を始めると、決まって家電が次から次へと壊れるの。

 まずは待ったなしの冷蔵庫が壊れ、次は洗濯機が回らなくなり、今、エアコンが虫の息。壊れかけの家電って効率が悪くなって電気代が高くなるから、8月の電気代の請求が怖くて。お盆に実家に帰った時、ご先祖様に長々と手を合わせたわよ。

 * * *
 続いて、友人から不幸自慢を聞かされる清掃パートのB子さん(54才)のお話。

 * * *
 朝からワイドショーを見ながら、缶ビール片手に電話をしてくるM子。

「私ほど不幸な女はいないと思う」って、テレビには、全国津々浦々の悲しい事件や事故が映っているのに、よくもまあ!

 M子の不幸は、言い寄られて好きでもない男と結婚。初めて好きになった異性は、子供の担任の先生。ダンナに交際がバレて離婚、って頭ぶん殴りたくなるような話。しかも26年前のこと。

 それより、パートの休みの日の楽しみが酒しかないって方がずっと不幸だって。

※女性セブン2016年9月1日号

最終更新:8/18(木) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ