ここから本文です

人間国宝が作るチョコレート ワインとともに楽しむイベント

オーヴォ 8/18(木) 16:36配信

 8月も後半戦。学生はそろそろ2学期が始まる時期だが、チョコ好きの大人女子はもう少しだけ夏を楽しんじゃおう。フランス・ジュラ地方で116年の歴史を持つ老舗ショコラブランドの「イルサンジェー」は、日本でいえば人間国宝に相当する「ショコラティエMOF」のエドワール・イルサンジェー氏が4代目を務める店だ。当主であるエドワール氏が代々受け継がれてきた秘伝のレシピを守り、1人ですべてのショコラを手作りしているため、そのショコラはなかなか味わうことができない。しかし、本店を除く唯一のブティック店が、なんと東京に存在する。そのイルサンジェー東京ブティックで、ショコラと夏ワインの極上マリアージュを楽しむイベント「Mariage de l'épice」(マリアージュデレピス)が、8月18日(木)から開催される。ショウガやこしょうなどのスパイスが効いたショコラと、冷たい夏ワインとともに、夏の夜を満喫してみるのはいかが?

「Mariage de l'épice」
提供時間:16:00と18:00の予約枠
予約方法:HPから。備考欄で「マリアージュデレピス」を選択すること。
料金:1人3,000円
参加可能人数:1~4人

最終更新:8/18(木) 16:36

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。