ここから本文です

「解散なんて聞いてない」木村拓哉、ハワイで立ち尽くす

NEWS ポストセブン 8/18(木) 7:00配信

 デビュー25周年のメモリアルイヤーに解散を発表したSMAP。1月の「存続宣言」を受けて、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84才)は、25周年ライブの開催を求めたが、香取慎吾(39才)が頑なに拒否。独立騒動時に、一人ジャニーズ事務所残留を決めた木村拓哉(43才)へのわだかまりがその大きな理由だったという。

 そして、リーダー・中居正広(44才)は、グループ存続に向けて水面下で動き出す。香取を励ますために稲垣吾郎(42才)や草なぎ剛(42才)も誘って4人で飲むこともあったという。しかし、これが結果的に木村の孤立を強めていくことになってしまい、香取の意志に他のメンバーたちが追随する形となったのだ。

「どうしても活動を続けられないのか、ジャニー社長はメンバー全員と2度にわたり面談を行いましたが、双方の歩み寄りはなかったそうです。木村さんが何を訴えても、香取さんと草なぎさんは取り合わず、稲垣さんは終始無言だったそうです。“話し合いにならない”と、木村さんが苛立つ一幕もあったといいます。あまりの空気の悪さに社長も活動休止が不可避であることを悟り、五輪期間中にも発表することが決まったのです」(音楽関係者)

 事務所側は各メンバーに演技や語学などの海外留学を勧め、ひとときの空白を経て、再び結束する日が来ることを願った。

「いったんはこの案で収束したんです。メンバーは事務所との1年契約を更新し、ソロの仕事は引き続きやっていく。8月に入ると、各スポーツ紙も『活動休止』と打つ準備に入っていました。木村さんも“グループ活動はあくまで休業するだけ”という認識のもとで、今月上旬に夏期休暇を取り、家族連れでハワイ入りしています」(スポーツ紙記者)

 だが8月10日、事態は急変。木村を除く4人がジャニー社長を訪れると、話は一気に解散へと加速した。

「香取さんが、“休止後に活動を再開する可能性はないのだから、潔く解散した方がよい”と進言したそうです。中途半端にファンを期待させるべきではない、と。草なぎさんと稲垣さんも彼の言葉に同意を示したといいます。最も悩んだのは中居さんでした。これまでのSMAPは中居・木村という長兄の意見に下の3人が従ってきた形です。でも、今回は年少メンバーが初めて自分の意志を主張した。しかも、社長を前にして。よほどの決意だったのでしょう。その光景を目にして、中居さんも折れたようです。存続はもう無理だ、と。彼らの意を汲み、解散に同意する他なかった」(前出・音楽関係者)

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 23:10

NEWS ポストセブン