ここから本文です

SMAP解散に「再結成シナリオ」描くファン続出

R25 8/18(木) 7:00配信

国民的アイドルグループ「SMAP」が8月14日、ジャニーズ事務所を通して今年12月31日に解散することを発表した。ネットでは解散を惜しむ声とともに、「再結成」への希望を託した「シナリオ」を投稿するユーザーが続出している。

デビュー25周年となる今年1月、木村拓哉(43歳)がジャニーズ事務所残留を、中居正広(43歳)、稲垣吾郎(42歳)、草なぎ剛(42歳)、香取慎吾(39歳)は独立を希望したとされる解散騒動が勃発。メンバー全員が謝罪したことで一度は収束し、グループの存続は首の皮一枚で持ち堪えたに見えたが、SMAPは遂に解散という苦渋の決断を下した。

解散理由には、木村と香取の間に生まれた溝が修復できなかったなど、様々な憶測が流れており、ますますファンの悲しみは深まるばかりだ。しかしながら、解散の落胆ではなく再結成への希望を口にする人もまた多い。Twitterでは、

「SMAPは10年後に森君入れて再結成すればいいんじゃない?」
「10年後くらいにSMAP解散の真相暴露本をメンバーの自叙伝のていでゴーストライターが書いたやつがが出版されたり、10年後くらいに『SMAP今夜限りの再結成』って番組が放送されると思うと今から胸熱」(原文ママ)
「解散したSMAPだけど、5人がそれぞれ過去を捨てきれないままどこか空虚な日々を送って、ある事件を契機にSMAP再結成して事件解決に奔走するとかそういうことは」

と、期間限定説から脱退メンバー・森且行(42歳)を迎え入れる説までバラエティに富んだ再結成シナリオが展開されている。中でも多く声があがったのは、

「年末にsmap解散コンサートして、東京五輪開会式で再結成まで見えた」
「ちなみにSMAPが解散して、東京オリンピックに合わせて2020年限定再結成の未来が見えているの俺だけ?」
「5年後の30年を迎えるときに劇的な復活と再結成で、東京五輪の2020年にそれを発表して、『世界にひとつだけの花』がまたまだ爆売れする、という仕込みなんではないかと」
「なんかもう2020年東京オリンピックで世界に一つだけの花を歌唱!SMAP再結成!!!てドラマチックにするための国民を巻き込んだ盛大なドッキリなんだと思ってる」

と、2020年開催の東京五輪で突如として復活を果たすというシナリオだ。なお、

「イエモンもルナシーもX-JAPANも皆、再結成している…SMAPもどうかそうなりますように…」
「絶対に再結成はできないんだろうなと思っていたユニコーンが再結成しているので、いつか時がたてばSMAPの再結成もあるかもしれないんじゃないかな」

と、これまでの事例を出してSMAPの再結成を信じる声もあった。

SMAPへの愛ゆえに数多く投稿された「再結成シナリオ」。その筋書きは思い思いではあるが、5人そろっての活躍が見られる日を待ち望む気持ちはひとつのようだ。
(山中一生)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/18(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ