ここから本文です

飲み会で部下と割り勘する部長 アダ名は「舛添部長」に

NEWS ポストセブン 8/18(木) 16:00配信

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せてきたのは、ご主人(50歳)が住宅メーカー勤務の奥様(47歳)。ご主人、モテ期到来です。

 * * *
 容姿も普通で、浮いた話は聞いたことがありませんでした。それが1年前から部下たちに大モテに。主人の父から生前贈与で500万円を受け取り、「大学時代の友人が証券会社にいて『絶対に損はさせないから』っていうんだ。株に投資していいかな」と相談されました。「あなたのお金だから自由に使って」とOKしたんですが、主人の買った株が急騰、にわか成金に。

 うちに遊びに来た部下の方の話によると、「飲み会なんか、女子社員が僕たちそっちのけで部長を取り囲むんですよ。飲み代も払ってくれるし、帰りにはタクシー代として全員に1万円くれるんです」。

 主人にその話をすると、「困っちゃうよなあ。『部長ってステキ』って、しなだれかかってくる子もいるんだ。でも安心しろ、浮気はしないから。でも、モテ過ぎるのも疲れるよなあ」。

 しかし、そのモテ期も半年ほどでした。証券マンの友人のアドバイスを聞かず、自分で銘柄選びをしたのが大失敗。会社の飲み会も「割り勘だ」。女子社員の評価もガタ落ちです。所詮、お金でモテてただけですから。「陰でオレのことを『舛添部長』とか『セコ部長』とか呼んでるらしいんだ。飲み会に誘っても皆断わるし、タクシー代、返せ!」と愚痴る主人。

 そんなこといってると、余計に「セコい」っていわれるわよ。「お金はおっかねぇ」、よく覚えておきなさい。

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

最終更新:8/18(木) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。