ここから本文です

美尻&美ひかがみ満載の“フェティシズムアート”展

Smartザテレビジョン 8/18(木) 10:30配信

9月2日(金)から25日(日)までのシルバーウイーク期間に新作企画展「おしりとひかがみ展」と「ふともも写真の世界展 in 渋谷マルイ」が開催。

【写真を見る】息をのむほどの美しい曲線

「おしりとひかがみ展」は、これまで約1万作品以上のお尻を撮り続けてきた伴田良輔氏の「100人のモデルがいれば決して同じおしり・同じ構図は存在しない、そんな部分にアートの可能性を感じてほしい」という思いから実現したもの。あまりなじみの少ない「ひかがみ」にも焦点を当て、お尻・ひかがみを合わせた作品数250点以上を東京・浅草橋にあるTODAYS GALLERY STUDIOで展示予定だ。

「ふともも写真の世界展 in 渋谷マルイ」では、ことし4月に開催し1万5000人が来場した「ふともも写真の世界展」の中から厳選された作品や新作を約300点展示。また、造形作家・池内啓人とコラボレートした「ふとももデバイス」の展示・販売も実施する。

両展示とも撮影可能・SNSでの投稿が可能で、性別関係なく楽しめる“フェティシズムアート”に触れられるアート展。

「おしり・ひかがみ」は性的嗜好かはたまたアートなのか!? 両展に足を運んでアートの持つ可能性を感じ、芸術の秋を堪能したい。

最終更新:8/18(木) 10:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。