ここから本文です

「嵐」2016年上半期露出調査 意外な1位メンバーの多忙ぶり

週刊女性PRIME 8/18(木) 11:10配信

 バラエティーや音楽番組、ドラマにCMと目にしない日がないほどテレビ露出本数の多い嵐。今回『週刊女性PRIME』では、そんな彼らのテレビ番組露出本数を調査。メンバー別2016年上半期露出ランキングを作成した。(ニホンモニター調べ。対象は1~6月のレギュラー・ドラマ含む関東地区の地上波全出演番組)

 グループとしてのレギュラー番組は、『VS嵐』(フジテレビ系)、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の週2本。さらに特番や音楽番組などの出演を加えて計52本となった。

 注目すべきメンバー1位(64本)は、バラエティーのレギュラーを多くかかえている相葉雅紀。『相葉マナブ』(テレビ朝日系)や『天才! 志村動物園』(日本テレビ系)、『グッと! スポーツ』(NHK)など週3本も出演をしているだけでなく、ゲスト出演や特番への出演も目立つ。

 続いて2位(54本)は『NEWS ZERO』(日本テレビ系)、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)のレギュラーを持つ櫻井翔。アイドルとしての活動だけではなく、ニュース番組では国家資格の“ユニバーサルマナー検定”に満点合格するなど、忙しい合間を使って受験勉強をする姿に、ツイッター上でも称賛の声が上がった。

 そして、上半期はドラマが中心になったのは大野智(37本)と松本潤(31本)。大野主演の『世界一難しい恋』(日本テレビ系)では、最終回で櫻井翔が報道番組のキャスター役として出演したことも、高視聴率の後押しになったとか。

 また、役者として映画やドラマに多数出演する二宮和也は、レギュラーはあるものの松本と同数の31本。テレビ出演の回数は他のメンバーに比べて少ないが、来秋公開の映画主演も決定しているため多忙なことは間違いないよう。

 

最終更新:8/18(木) 20:36

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。