ここから本文です

ウーマンラッシュアワー・村本大輔に聞く――“炎上芸人”が政治発言に踏み込んだ理由

サイゾー 8/18(木) 15:00配信

――参院選前後、ネットニュースで「ウーマン村本『選挙行ったことない』告白」「ウーマン村本与野党に苦言『どっちもモヤモヤ』」といった記事が流れた。芸人・ウーマンラッシュアワーの村本大輔は、ここ最近急速に政治的話題に言及する機会が増えている。その真意はどこにあるのか? またも炎上狙いなのか? 本人に直撃した。

 参院選のときにAbemaTVの番組で、僕は「投票に行ったことがない」「オレに投票する意味を教えてくれ」とぶちまけました。ツイッターが炎上して、ネットニュースにもめちゃくちゃ取り上げられました。知り合いのテレビ局のスタッフからも、「あんなこと言って大丈夫か?」と心配されましたが、これは実は、政治に興味がない人の意見を代弁しようと思って意図的に仕掛けた嘘やったんです。実際に投票日までの期間、「村本が投票に行きたくなるように説得する」という流れができて、番組を観た人から、「自分も選挙に行ってきます」という声をもらった。散々批判してきた人も、みんな僕の手のひらの上です。

 芸人の先輩から、「お前よくあんなこと言うな! オレはやらへん」と言われましたけど、なんで誰もやらないんですかね? 僕は不思議でしょうがない。
 ニュース番組って、昔は一部の人のものやったと思うんですよ。政治について考えるのはめんどくさいし、自分の予定をつぶしてまで投票に行く意味がわからない。そういう人が大半だし、僕もそのひとりだった。

 自分の考えが変わるきっかけになったのは、松本(人志)さんの『ワイドナショー』に出たことですかね。あの番組は芸能人をコメンテーターに起用するから、少ない知識でなんとか自分の考えを伝えようと頑張らないとあかん。専門家がコメントする普通のニュース番組とは違うんです。でも、みんな普通の言葉しか持っていないから、誰が見てもニュースがわかりやすく、興味が持てるようになっている。その『ワイドナショー』の視聴率が上がったことで、似たような番組もたくさん出てきた。自分も同じように、普通の人に届く言葉で政治を語れないかと思うようになったんです。

 僕が『ワイドナショー』に初めて出演したとき、松本さんから、「村本は問題発言をしてくれ」と言われて、テレビでの僕の役割がわかりました。だから、AbemaTVでもわざと物議を醸すようなことを言ってやろうと。

 これはビートたけしさんの言葉ですけど、「生放送でもギリギリのことができるから芸人」やと僕も思います。単に過激な発言をするだけじゃなくて、問題提起だったり、考えさせるようなことを言うように必ず意識する。ダメな芸人は、過激なことを言えばいいと思っている。そうじゃなかったら自粛するか。だからいつまで経っても、舞台で何年も前のネタをやるだけになってしまうんですよ。そもそも僕は好感度で食べているわけじゃないから、批判されても痛くもかゆくもないし。

 たまに「芸人のくせに政治を語るな」と言われることもありますよ。でも、ニュースを語るときの僕は、社会問題をテーマに大喜利じゃないですけど、自分の角度で球を投げ返してるつもりです。その投げる角度とかコースこそが僕の芸だしスタンスであって、「芸人道」みたいなことは考えていない。自分が正統派の芸人だという意識もないですし、自分としては「村本大輔」という職業だと思っている。勝手に枠にはめるなよ、て言いたいですね。

 僕は弟が自衛隊員で、地元が大飯原発のある福井県大飯郡。原発関連の仕事をしている友人もたくさんいる。本当は搾取されている人たちが政治について真剣に考えなあかんのに、そこに届く言葉でニュースを伝える人は少ない。専門家の人たちは、本格派のフレンチとしてやってくれたらいい。僕はあくまでも、普通の人目線の「立ち食いフレンチ」として、これからも政治について発言していきます。(談)

村本大輔(むらもと・だいすけ)

1980年、福井県生まれ。ウーマンラッシュアワーのボケ。THE MANZAI2013で優勝し、以降ゲスキャラ・炎上キャラでブレイク。現在、『AKBINGO!』(日テレ系)『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪)MCを務めるほか、AbemaTVの帯番組『AbemaPrime』月曜レギュラーとして活躍中。
(Twitter ID:@WRHMURAMOTO)

最終更新:8/18(木) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体