ここから本文です

猛暑をしのぐ!アロマ4つの活用法

リビング福岡・北九州 8/18(木) 9:57配信

まだまだ続く猛暑日。香りを嗅ぐだけで、体感温度が下がると言われている香り「ペパーミント」を使って、少しでも爽やかに過ごすための4つの活用法を紹介。

今年の夏はアロマで爽やかに過ごしましょう。


1.香りを楽しむ方法
うちわ・扇子(色移りにご注意ください)にペパーミントを1滴。更にレモンやグレープフルーツを1滴垂らすとフレッシュな気分になります。テッシュや・ペーパーに垂らし名刺入れにいれるのもお勧め。

また、リボンなどにペパーミントを1滴垂らし、扇風機や車の送風口につけると爽やかな香りが漂います。(リボンをつける際、ケガの無いように)

2.冷湿布・おしぼりの香り付け
水をはった洗面器にペパーミントとラベンダーを1滴づつ垂らし、おしぼりを入れ絞ります。冷蔵庫で冷やし、暑さ対策に首につけると冷湿布に。

そして来客時にお渡しすると素敵なおもてなしになると同時にペパーミントの殺菌効果でおしぼりの嫌な臭いがしなくなります。

3.バスタイムに
塩または重曹大さじ1に3~5滴の精油(ペパーミント・ラベンダー合計3~5滴)を垂らし、お風呂に混ぜます。お風呂上りの汗がひきやすくなります。(扇風機の風でさらにひんやりします)

※25kg以下のお子さん・高齢者の方には精油の量を半分にしてご使用下さい。
アロマ(精油)は高濃度の為、原液を直接お風呂にいれると皮膚刺激を感じる場合があります。希釈してお使いください。

4.シャワーの際に
床にペパーミントを1滴垂らします。湿度と気温の高さで香りが立ちやすくなります。

最終更新:8/19(金) 15:07

リビング福岡・北九州

Yahoo!ニュースからのお知らせ