ここから本文です

40歳のイチローがお願いした専属打撃投手

Wedge 8/18(木) 12:20配信

 新井宏昌という名前は知らなくても、イチローが3000安打を達成するまで、連日NHK衛星放送のメジャーリーグ中継でフロリダ・マーリンズ戦を解説していた声を覚えているプロ野球ファンは少なくないはずだ。適確な分析と穏やかな語り口で大学教授を思わせるこの人物、実はイチローの“専属打撃投手”を務めていることはあまり知られていない。

王貞治との会食でお願いしたこと

 きっかけは2014年1月、日本に帰国中のイチローが、王ソフトバンク球団会長、新井さんの3人で食事をしたときのことだった。イチローと王会長とは2006年の第1回WBCでイチローがジャパンの主力選手、王会長が監督を務めて初の世界一となった間柄。新井さんはイチローがオリックスに在籍していた時代(1994~2001年)の打撃コーチで、王さんが監督だったころ(03~04年)のダイエー(現ソフトバンク)、球団会長になってから(07~08年)のソフトバンクでも打撃コーチをしていた、という縁がある。

 そんな3人がそろった会食の席で、「自主トレでぼくのスイングを見てほしいんです」とイチローが王さん、新井さんに願い出た。その場で快諾した王さんが、「じゃあチュウちゃん(お笑い芸人の故・荒井注にちなんだ新井さんの呼び名)、打撃投手をやってあげなさいよ」と話を振って、新井さんも喜んで引き受けたのである。場所はイチローが帰国中にいつも使っている古巣オリックスの施設で、元本拠地球場ほっともっと神戸の近くにある室内練習場だ。新井さんはここから家が近いこともあり、この年のシーズオフには計6度も打撃投手を買って出たという。

 この年、イチローは40歳になったばかりで、そろそろ限界ではないかとささやかれていたころだ。まだまだ現役生活を続けようと考えていたイチローは、王さんや新井さんに自分の状態を見極めてもらいたかったのではないか。そんなイチローのスイングを、当時61歳の打撃投手としてじっくりと観察した新井さんは、その感想を私にこう語った。

 「イチローのスイングの安定感は、いまなお抜群です。バットの出方、スイングの軌道が常に一定していて、まったく変わりません。もっと若い打者でもバットの出る位置がズレたり、スイングがブレたりするのがふつうなのに、あの年齢になってもいまだにそういうところがない。これは大変なことですよ」

 選手時代は南海(現ソフトバンク)、近鉄(現オリックス)での通算18年間で、2038安打を記録。自身も40歳まで現役を続けた新井さんの言うことだけに説得力があった。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 12:20

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。