ここから本文です

自由にドローンを飛ばせる施設、韓国にオープン

WIRED.jp 8/18(木) 9:10配信

ドローンメーカーのDJIは、一般ユーザーがドローンを飛ばせる施設「DJI Arena」を韓国にオープンさせた。

【写真で見る】こんな施設の中で、ドローンを飛ばせる

DJI Arenaは面積1,395平方mで、施設内には安全のためのネットが設営されているほか、ドローンからの一人称視点(FPV:First Person View)を使った没入型の体験を楽しめる液晶テレビも設置される。

施設外観はまるで東京にもあるフットサル場のような佇まいだ。ドローンひとつ飛ばすにも、とかく超えるべきハードルがいくつもある現状を考えれば、まさに待望の施設といえる。また、屋内施設のため、天候に左右されず1年中ドローンを楽しめるのも嬉しいところだ。

DJI Arenaは、個人やグループのユーザーに開放されるほか、企業イヴェントなどの利用や、DJIが主催するワークショップなどにも利用されるという。

WIRED.jp_ST

最終更新:8/18(木) 9:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。