ここから本文です

延期となっていたJABA九州大会を制したのはNTT西日本。10チームが日本選手権出場権を獲得

ベースボールチャンネル 8/18(木) 17:00配信

日程が後ろに倒れたことで、若手にチャンス

 第69回JABA九州大会が、8月5日から北九州市民球場、北九州市立大谷球場で開催された。本来は5月のゴールデン・ウィーク明けに行われているのだが、今年は熊本地震の影響で延期となった。

 すると、優勝チームに日本選手権の代表権を与えるJABA大会としては異例の都市対抗後になったことで、いつもとは違う戦いが繰り広げられた。

 リーグ戦で唯一の3連勝をマークしたのは、CブロックのHondaだった。第1戦で強豪・王子のエース・近藤 均を攻略すると、西部ガス、宮崎梅田学園と九州勢も連破。攻守両面で粘り強さを発揮できたのは、今年は東京ドームに駒を進められず、都市対抗の連続出場が12年で途切れた悔しさもあったからだろう。

 Hondaと同様に都市対抗出場を逃した明治安田生命、三菱重工長崎、出場権は手にしたものの一回戦で敗れたNTT西日本、Honda熊本、東芝も安定した戦いぶりを披露。10月下旬に開幕する日本選手権に向け、チーム力を再整備しようという強い意欲が伝わってきた。

 また、全体的に印象深かったのは、新人をはじめとする若手選手の活躍だ。5月開催の場合は、都市対抗予選を目前に控えているゆえ、若手にチャンスを与える戦い方はなかなかできない。しかし、都市対抗後の開催になったことで、激しいレギュラー争いを経て台頭した若い力が、社会人の水にも慣れてはつらつと躍動した。

 見事に初優勝したNTT西日本は、都市対抗一回戦で東京ガスのエース・山岡泰輔に95球で0-2とシャットアウトされた。メンタルの強化でチーム力を高めようと考えた大原周作監督は、大会前まで徹底した走り込みを課し、そこで存在感を示してきた4年目以下の若手を積極的に起用。不動の四番・高本泰裕、永松孝太と梅津正隆の二遊間らベテランを休ませた。すると、新人の川口紘輝が先発で奮投し、準決勝進出をかけた日立製作所との対戦では2年目の小林康大が決勝本塁打。元気者のルーキー・石山励雄は打率.462をマークして首位打者賞を獲得するなど、ヤングパワーがチームを活気づかせた。

 惜しくも準優勝だったHondaでも、幸良 諒、田中宏征と新人右腕が先発を任され、若い投手陣を必死にリードした辻野雄大、四番に座った遠藤雅洋もルーキーと、フレッシュな陣容で際どい戦いをものにしながら経験を積む。ベスト4のHonda熊本では2年目の北村 優、新人・長池城磨の両外野手、明治安田生命でも左腕の三宮 舜、右腕の小林昌樹、野手では道端俊輔捕手や泉澤涼太外野手らルーキーがイキのいいプレーを見せた。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 17:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。