ここから本文です

バレンシア、若きエース・アルカセルのバルサ移籍を断固拒否

フットボールチャンネル 8/18(木) 7:40配信

 バルセロナの”第4のFW”候補として、移籍市場で名前の挙がるバレンシアのパコ・アルカセル。これに対し、クラブ側は彼の売却を否定している。17日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リーガエスパニョーラの開幕を直前に控えた今なおMSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール)の控え探しに奔走するバルセロナ。直近の報道ではアルカセルがリストアップされていると噂されていた。

 これに対し、バレンシアのヘスス・ガルシア・ピタルチスポーツディレクターは「アルカセルと話し合った。バレンシアはどのクラブへも彼を売却する準備はない。彼も満足している」と述べ、「彼が移籍するという不安はないし、その点に神経質にもなっていない。クラブは彼を売るつもりはないのだから」と強調している。

 地元バレンシア出身の22歳は、EURO2016でのプレーは逃したものの、コンスタントに代表にも選出されるまでに成長した。11位に沈んだ昨季からの浮上のためにも、若きエースの存在は不可欠に違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。