ここから本文です

追悼に必要な被害者と加害者の立場 --- 中村 仁

アゴラ 8/18(木) 16:30配信

終戦記念日に欠けている視点

終戦記念日の戦没者追悼式における安倍首相の式辞を聞きながら、もっぱら被害者の立場から戦争を考える習性から抜け出せていないことを残念に思っています。国民の多くは自分たちは戦争の被害者だと思っています。国家となると、日本はアジア諸国などに対する加害者です。政治的指導者がそのことを直視しないことは問題です。

戦没者を追悼する式典なのだから、戦没者、つまり戦争の被害者の霊を慰めることが中心になるべきだという理屈は、ものごとの半面だけに対する理屈です。やはり加害者としての日本の反省を抜きには、全体像が見えてきません。

さらに被害者としての国民を考える場合、相手国との戦闘による戦死、原爆投下を含む空襲、つまり敵国に殺されたという側面と、日本という国家・軍部主導の無謀な戦争に巻き込まれた末の戦死、国民生活の困窮という側面があります。国民は国家・軍部の被害者でもありました。

天皇と首相の微妙な違い

天皇陛下の日ごろの言動からみて、「おことば」にある「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願う」には、被害者と加害者の両面の意味が含まれているのかもしれません。首相式辞は「歴史と謙虚に向き合い・・」としてはいるものの、欧米との戦争の被害者という認識が強いのではないでしょうか。

過去の首相式辞をみると、細川首相の「アジア近隣諸国をはじめ全世界すべての戦争犠牲者」は、かなりおおげさですね。村山首相の「アジアの諸国民に対しても多くの苦しみを与えた」は加害者としての反省が込められています。この流れをその後の首相は踏襲してきたのに、安倍氏になると、「アジア諸国への反省、追悼」が消えました。

今年の首相式辞では「我が国は戦後一貫して戦争を憎み」、「平和への取り組みを積み重ねてきた」とし加害者意識は見当たりません。「加害者意識」を認めれば、アジアの隣国が「それなら慰安婦問題を含め、賠償責任を認めよ」とくることを警戒もしているのでしょう。戦争責任は人道的、倫理的問題というより外交問題にすぐ転化するのが難しいところです。

1/2ページ

最終更新:8/18(木) 16:30

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。