ここから本文です

バルサを今季初戴冠に導いたメッシ 「製図技師のような正確さ」と地元紙がパス能力の高さを絶賛

Football ZONE web 8/18(木) 12:07配信

セビージャとのスペインスーパー杯決勝第2戦で1得点1アシスト

 バルセロナとセビージャのスペインスーパー杯第2戦が17日(日本時間18日)に行われ、バルセロナが3-0と快勝。2戦合計5-0で今季初タイトルを獲得した。この日の主役もやはり1得点1アシストを記録したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシで、地元メディアの採点ではチーム最高タイの評価が与えられている。スペイン紙「スポルト」がこの試合の採点を公開した。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 試合は前半9分、メッシのスルーパスからFWアルダ・トゥランが決めてバルサが先制。同30分、セビージャがPKを得たがMFビセンテ・イボーラのキックはGKクラウディオ・ブラーボが完璧に読み切りセーブした。後半に入ると1分に再びアルダ、同10分にはDFルーカス・ディニュのクロスからメッシが珍しいヘディングシュートを決めて試合を決めた。2戦合計で5-0の圧勝で、戴冠を成し遂げた。

 「スポルト」紙の採点では、ともに得点を挙げたアルダとメッシがトップタイの9点で並び立った。放出の噂も上がっていたアルダは、FWネイマールとFWルイス・スアレスが欠場するなかで2得点とアピールに成功した。

 そしてやはり驚異的だったのは、メッシだった。寸評でアルダの得点シーンについて「メッシのエクセレントなアシストから10分に先制点を決めた」と言及されたように、メッシはこの試合でもスコアラーとしてだけでなく、パサーとしても獅子奮迅の働きだった。「寛大なメッシはパスでチームメートに利益をもたらした。このアルゼンチン人のラストパスは製図技師のような正確さだ」と、決定力だけにとどまらないその才能が改めて絶賛されている。

ヘディング弾は三冠達成時の一撃を彷彿

 また、メッシの得点は珍しいヘディングによるものだった。「このゴールは、彼が2009年にローマで行われたチャンピオンズで決めたものを思い起こさせた」と表現された。08-09シーズンにローマのスタディオ・オリンピコで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦、メッシはMFシャビ・エルナンデスのクロスから渾身のジャンピングヘッドを決めて2-0の勝利に貢献。スペイン勢として初の三冠(国内リーグ、カップ、CL)を成し遂げた当時の伝説のゴールを彷彿とさせたようだ。

 彼らのほかは、マンチェスター・シティ移籍が近づいていると噂のGKブラーボとメッシのゴールをお膳立てしたディニュが8点で続いた。バレンシアから加入のMFアンドレ・ゴメスも7点と高い評価を受けた。MFデニス・スアレス、FWムニル・エル・ハムダウィのカンテラ出身2人、DFハビエル・マスチェラーノがワーストタイの5点に終わった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/18(木) 12:07

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ