ここから本文です

ナポリのスペイン人守護神、バルサからのオファーを完全否定

フットボールチャンネル 8/18(木) 8:00配信

 ナポリのGKホセ・マヌエル・レイナは、自身のバルセロナへの移籍を、SNSを通じ否定した。17日、スペイン人紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 バルセロナのGKクラウディオ・ブラーボがマンチェスター・シティに移籍した際の穴埋め候補として、オファーが出されたと名前の挙がったレイナ。しかし、33歳のスペイン人守護神は、この件を自身のツイッターを通じ否定している。

 ツイートは全てイタリア語で書きこまれ「ふざけるな!どこからもオファーなどない。嘘はたくさんだ。。。いつだって、ずっとナポリ最高だ!!さあ日曜日の開幕戦に向けて準備だ!」と発信されている。

 元スペイン代表のレイナは、2013/14シーズンにナポリに加入し、翌年にはバイエルン・ミュンヘンへ移籍したが、1シーズン後には再びナポリへと復帰している。自身のキャリアをスタートさせたバルセロナの守護神争いに巻き込まれてしまった感があるが、今季も引き続きナポリのゴールマウスに君臨してくれそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。