ここから本文です

レアル命のアスリート、五輪メダル獲得のご褒美は「選手に会いたい!」

フットボールチャンネル 8/18(木) 9:00配信

 リオ五輪の男子110m障害で銀メダルを獲得したスペインのオルランド・オルテガ選手は大のレアル・マドリーのファンを公言している。大会前には「メダル獲得の際には選手に会いたい」とラブコールを送っていた。17日、スペイン紙『アス』などが報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 キューバ出身のオルテガ選手は、2015年にスペインに国籍を変え、今回リオ五輪に参加し見事に銀メダルを獲得した。出自も含め、五輪前から注目を集めていた同選手だが、様々なメディアに「マドリーファン」であることを公言していた。

 大会前にも「選手と知り合えたら非常に光栄だ。私は生まれついてのマドリーファンで、死ぬまでマドリーファンだ」と述べ、「サンティアゴ・ベルナベウで始球式をするためにもメダルを獲りたい」と語るほどだ。そしてメダル獲得の際には、「選手一人一人と会いたい」と語っていた。

 見事にメダリストとなったオルテガ選手。いまや同選手のマドリー愛は多くの人々の知るところだ。果たしてオルテガ選手のラブコールはマドリーに届くのか?

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 9:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。