ここから本文です

アーセナルが移籍市場でも痛恨の敗戦!? リバプールがドイツ代表DF獲りに電撃参戦

Football ZONE web 8/18(木) 17:20配信

ムスタフィ獲得を狙うガナーズにプレミアのライバルが横槍

 アーセナルは今季開幕戦でリバプールに3-4と手痛い黒星スタートとなったが、移籍市場でも痛恨の敗北を喫する可能性が浮上している。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 アーセナルはDFペア・メルテザッカーとDFガブリエウというセンターバックコンビの故障離脱により、バレンシアのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィに獲得オファーを出している。選手とは年俸面で合意に達したとドイツメディアでレポートされているが、移籍金で折り合いがつかず、交渉は長期化している。

 そして、プレミア開幕戦では守備陣があっさりと崩壊し、大量4失点で痛恨の黒星を喫した。スペイン地元ラジオ局「カデナ・セール」では、リバプールがムスタフィ獲得に電撃参戦したことをレポート。トレード要員に元スペインU-19代表MFルイス・アルベルトを提案しているという。

 だが、バレンシアは来年1月に契約満了となるアルベルトを交渉に組み込むことで、移籍金を軽減させる案には乗り気でないとレポートされている。

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、センターバックとセンターフォワードという明確な補強ポイントでの実力者獲得に失敗続きで、サポーターの怒りを買っている。ムスタフィをリバプールに奪われるようなことになれば、さらなる炎上は必至だ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/18(木) 17:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。