ここから本文です

元マンCの“悪童”がペップ采配を痛烈批判 守護神ハートの冷遇は「不愉快だ」

Football ZONE web 8/18(木) 19:52配信

5シーズン在籍したバートンが嘆く古巣の現状 「オレが去った時とは全く別の組織」

 悪童として知られるレンジャーズの元イングランド代表MFジョーイ・バートンが、古巣マンチェスター・シティを激しく非難している。ジョゼップ・グアルディオラ監督が功労者のイングランド代表GKジョー・ハートをベンチ要員とし、果ては放出要員となっている状況を目にしたバートンは、「オレが去った時とは全く異なるクラブ」、「不愉快だ」とシティに辛辣な言葉を浴びせている。英ラジオ局「トークスポーツ」が報じた。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 今夏、シティはマヌエル・ペジェグリーニ前監督の後任として、ペップの愛称で知られるグアルディオラ監督を招聘。チームには早速スペイン人指揮官のカラーが取り入れられ、改革が進められている。

 その改革の一つとして、不動の守護神だったハートがスタメンを外れたことが上げられる。GKにも足下の高い技術を求めるペップは、二番手だったGKウィリー・カバジェロを開幕戦のスタメンに抜擢。さらにはバルセロナのチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの獲得が浮上している。そしてハートは、エバートンなどへの移籍が取り沙汰されるようになった。

 こうした状況を見かねて、大胆な発言をしているのはかつて2002年にシティでプロデビューを果たしたバートンだ。素行の悪さから悪童として知られる元イングランド代表MFは、自分がプレーしていた頃のシティとは変わり果てたと、古巣を痛烈に批判した。

「カバジェロの方が足下が上手いとは…」

「(今のシティは)オレが去ったクラブではない。オレが去った時のクラブと今見ているクラブは、全く別の組織だ。オレがプレーしていたクラブは、ハートのような功労者をあんな風に扱わなかった。不愉快だ」

 プレミアリーグ開幕戦のサンダーランド戦、そしてUEFAチャンピオンズリーグのプレーオフ第1戦のステアウア・ブカレスト戦と、2試合続けてハートに代わってカバジェロが出場したことについても、「カバジェロのプレーを見て、カバジェロの方がハートよりも足下が上手いと言う人がいたが、オレにはそう見えなかった」と疑問を呈した。

 02-03シーズンからシティで5シーズンにわたってプレーした悪童バートンは、ペップの起用法に全く納得がいっていない様子だった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/18(木) 19:52

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。