ここから本文です

ミランで全てを手にしたカカ、低迷する現状を嘆く「歴史で勝負するわけじゃない」

フットボールチャンネル 8/18(木) 11:10配信

 メジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカがミランの現状を嘆いている。17日に英メディア『オムニスポーツ・ニュース』が報じた。

【動画】伊紙を魅了 ミラン本田の真骨頂、“多彩な美技”

 セリエAリーグ優勝、チャンピオンズリーグ(CL)、そしてバロンドール。6シーズン過ごしたミランで全てのタイトル手にしたカカだが、そのミランはもう存在しない。

 カカは「ミランでは最高の時を過ごしたよ。世界の頂点に立つチームを見たんだ」と当時を振り返ると、「だけど今、この状況のミランを見るのは本当に辛いね。まだ偉大な歴史のあるクラブのままだけど、歴史で勝負をするわけじゃないんだ」と現状を悲嘆している。

 そして「今は欧州の舞台に戻ることを目標に一歩ずつ徐々に成長して行くべきだってことをミランは理解すべきだね」と助言をすると、「セリエBからチームを作り直し、建設した新スタジアムのおかげもあって近年成功を収めているユベントスを模範とすべきだ」と宿敵の成功例を挙げた。

 しかしカカは「数年後には再び国内でも国外でもタイトルを争っているミランが見れるはずだ」とこれからミランが再びトップへ戻るための新たなサイクルを開始することを確信している。

 今季から就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督については、「この状況を立て直すことは簡単なことではないけれど、相応しい監督だと思う」と返答。そして、「再びミランをトップに導くことができる変化をもたらしてくれればいいね」とクラブを買収した中国人の新オーナーを激励した。

 今でもミランの英雄であり続けるカカ。近い将来、クラブは再びあの頃のミランへ戻ることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。