ここから本文です

作詞家・岩里祐穂、第1回トークライブ詳細発表 高橋久美子朗読や坂本麗衣ミニライブも

リアルサウンド 8/18(木) 18:30配信

 作詞家・岩里祐穂主催の『岩里祐穂presents 「Ms.リリシスト~トークセッション Vol.1」』と題されたトークライブが、いよいよ8月27日に開催される。

 これは、今年2016年5月に自身の作詞活動35周年を記念し、殿堂入りの名曲から最新ヒットまでの33曲を収録した2枚組アルバム『Ms.リリシスト』を発売した岩里祐穂が、初の試みとして開催するもの。第1回のゲストとして、現在、作家・作詞家として活躍する高橋久美子氏(ex.チャットモンチー)を迎えることはすでに発表されているが、今回はその内容が明らかになった。

 当日は女性作詞家である2人が繰り広げる作詞論、作詞術などのトークコーナーに加えて、高橋久美子氏による朗読コーナー、質問コーナー、岩里の秘蔵っ子であるシンガーソングライター坂本麗衣によるミニライブなど、盛りだくさんな内容になる予定だ。そのなかでも目玉となるのは、作詞家として互いが互いのファンであるという2人が「あの曲のあの歌詞はどうやって生まれたのか」についてそれぞれ聞きあうコーナー。ここで2人がお互いへ質問する楽曲は、当日までシークレットとなっており、それぞれ素のリアクションでのトーク展開が期待できる。

 なお、当日は対象商品を購入するとその場で直筆サインがもらえるキャンペーンも実施されるとのこと。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/18(木) 18:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。