ここから本文です

レアル期待のCB、残留の決め手は指揮官ジダン「信頼されていると感じる」

フットボールチャンネル 8/18(木) 19:28配信

 レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランは、クラブに残留することを決断した理由を語った。17日付け『マルカ』が報じた。

【クラブ最新情報】16-17メンバー、獲得タイトル、レアル・マドリー チームデータ

 この夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドがヴァランの獲得に強い興味を示していた。ジョゼ・モウリーニョ監督はマドリー時代からヴァランを高く評価しており、再び自らのチームに招き入れたいと考えていたようだ。

 昨季は負傷で欠場することの多かったヴァランはマドリー退団が濃厚と噂されていたが、残留という決断に至った理由はジネディーヌ・ジダン監督だと明かしている。

「クラブを、そしてジダン監督を信頼している。彼とはたくさん話しをしたし、信頼されていると感じる。それが残留を決断した理由のうちの一つだ。ここでは自分のベストを見せられるすべてのものが揃っている」

 度重なる負傷でチャンピオンズリーグ決勝とEURO2016を欠場することになってしまった23歳のヴァランだが、30歳のセルヒオ・ラモスと33歳のペペのセンターバックコンビが年齢を重ねてきていることから、クラブの将来を期待される逸材でもある。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 19:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。