ここから本文です

インテル、“一石二鳥”の補強案を画策。余剰要因とベルギー守備の要をトレードか

フットボールチャンネル 8/18(木) 20:00配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、守備を補強するための一石二鳥のアイデアを考えついたようだ。17日に伊メディアの『スカイ・スポルト』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 インテルは、スポルティングCPに所属するMFジョアン・マリオの獲得に迫っている。そのためにポストを明け渡す犠牲になるとみられている選手がクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチだ。そして、インテルがJ・マリオを獲得した後に補強を狙っているポジションがDFである。

 そこで、先日新指揮官に就任したフランク・デ・ブール監督がアヤックス時代に指導していたトッテナムに所属するベルギー代表DFヤン・フェルトンゲンに白羽の矢が立った。2006年から2012年までアヤックスで過ごしたフェルトンゲンは、2010年の12月に同クラブの指揮官に就任したデ・ブール監督の下で1年半プレーし、守備の要としてリーグ2連覇に大きく貢献している。

 インテルは、デ・ブール監督を満足させるためにすでにトッテナムと接触を開始。そこで、資金を節約するために放出の対象となっているブロゾビッチとのトレード案を提示したと報じられている。万一トッテナムがその提案を受け入れれば、インテルにとってまさに一石二鳥となる取引。果たして交渉が上手く成立するのかどうか、今後の進展に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 20:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。