ここから本文です

ユーベの補強戦略に思わぬ横槍? バイエルンが仏代表の買い取り支払いを延期か

フットボールチャンネル 8/18(木) 20:10配信

 ユベントスからバイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍しているフランス代表MFキングスレー・コマンが足首を負傷したことで、ユベントスの補強に影響が出るかもしれないようだ。17日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【最新クラブ情報】16-17ユベントス 登録選手一覧

 コマンは17日のトレーニング中にチームメートのMFハビ・マルティネスと激しく衝突。足関節の関節包を損傷していることが判明した。足関節の関節包の損傷はコマンのように迅速かつ巧みなドリブラーにとって深刻な怪我となり、バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督は前半戦でコマンの起用を断念せざるを得なくなった。そして、この負傷がユベントスにも影響を及ぼすかもしれないようだ。

 先日バイエルンは、支払期限である2017年の4月30日よりも前に2100万ユーロ(約23億円)に設定されてある買い取り権を2年間の分割払いで行使する意思があることを告げていた。しかし、今回の負傷の影響で買い取り権を行使する時期が遅延するとみられており、ユベントスの今夏の補強資金に影響を及ぼす可能性があると報じられている。

 コマンは、昨季に700万ユーロ(約8億円)でバイエルンへ期限付き移籍していた。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 20:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。