ここから本文です

バルサ、積極補強でバレンシアを解体か。MFに続きGKとエースを引き抜きへ

フットボールチャンネル 8/18(木) 21:00配信

 今夏、中盤の積極補強を敢行しているバルセロナだが、バレンシアから“3人目”獲得に迫っているようだ。17日付けスペイン紙『マルカ』が報じている。

【16-17シーズン】バルセロナ最新情報(メンバー、出場データ、獲得タイトルなど)

 バルセロナは既にこの夏の移籍市場でバレンシアからポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスを基本移籍金3500万ユーロ(約40億円)で獲得している。しかし、再びバレンシアからGKジエゴ・アウベスとエースFWパコ・アルカセルの引き抜きを狙っている。

 アルカセルに対してバルセロナは移籍金3000万ユーロ(約34億円)を用意しており、移籍が実現すればバルセロナFWムニル・エル・ハッダディがバレンシアへ。さらにD・アウベス移籍についてはすでに移籍金600万ユーロ(約7億円)で合意に達しており、チリ代表GKクラウディオ・ブラーボのマンチェスター・シティ移籍発表を待つのみとみられている。

 着実に国内のライバルたちから戦力を奪っているバルセロナ。リーガ・エスパニョーラ三連覇を成し遂げることはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 21:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。