ここから本文です

アーセナル、今度はアトレティコの注目株に注目。移籍金は52億円が必要か

フットボールチャンネル 8/18(木) 21:30配信

 今夏、補強がことごとく失敗に終わっているアーセナルだが、今度はアトレティコ・マドリーDFに狙いを定めたようだ。18日、スペイン紙『アス』が報じている。

【16-17シーズン最新情報】アーセナル チームデータ

 ゴンサロ・イグアインやマウロ・イカルディといったストライカー、そして守備陣でもバレンシアDFスコドラン・ムスタフィ獲得も難航しているアーセナル。次に同クラブがターゲットに決めたのはアトレティコ・マドリーのDFホセ・ヒメネスと報じられている。

 現在21歳のG・ヒメネスは昨季アトレティコで公式戦37試合に出場。新たな守備の要として頭角を現した。当然アトレティコも簡単に同選手を手放す気はなく、アーセナルに対して移籍金52億円を要求しているとみられている。

 グラニト・ジャカ、浅野拓磨、ロブ・ホールディングの3人のみの獲得に留まっているアーセナル。守備陣の強化は叶うのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/18(木) 21:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。