ここから本文です

本を読まずに読んだコトにしたいグータラ読書家を描く『バーナード嬢曰く。』アニメ化決定!

ダ・ヴィンチニュース 8/18(木) 17:30配信

 「月刊ComicREX」で連載中の人気漫画『バーナード嬢曰く。』が、2016年10月にアニメ化されることが決定した。同書は、本を読まずに読んだコトにしたいグータラ読書家“バーナード嬢”こと町田さわ子と、読書好きな友人たちが図書室で過ごすブンガクな日々を描く物語だ。

 さらに、アニメでキャラクターの声を担当する声優も決定! 主人公・町田さわ子役を喜多村英梨が務めることが発表された。また、ガチの読書家であり重度のSFオタクで、よく読書に不真面目なさわ子に激しいツッコミを入れる“神林しおり”に小松未可子が、一昔前に流行った本を読んで「やっぱ大したことなかった」と思うのが趣味の、さわ子たちと同じ図書室に通う男の子“遠藤”を市来光弘が、小学生の頃から生粋のシャーロキアンで、遠藤に淡い想いを寄せる図書委員の女の子“長谷川スミカ”役を洲崎綾といった豪華声優陣が務める。

 『聖書』や『平家物語』、『銃・病原菌・鉄』、『夏への扉』、『舟を編む』、『フェルマーの最終定理』といった本が登場し、古今東西あらゆる本への愛と「読書家あるある」に満ちた“名著礼賛”ギャグを展開し、見るとなんだか読書欲が高まってしまう同作。アニメでも活躍するバーナード嬢に期待しよう。

■アニメ「バーナード嬢曰く。」
監督:ひらさわひさよし
キャラクター原案:なつのはむと
キャラクターデザイン:ゴンタ
シナリオ:内堀優一
音楽製作:株式会社 幻影
音楽プロデューサー:前田義和
音響監督:大室正勝
制作プロダクション:ドリームクリエイション
アニメーション制作:Creators in Pack
音響制作:ダックスプロダクション
(C)施川ユウキ/一迅社・ド嬢図書委員会

最終更新:8/18(木) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。