ここから本文です

怪我人続出のバルサ…大腿部負傷のマスチェラーノはリーガ開幕戦欠場へ

SOCCER DIGEST Web 8/18(木) 11:27配信

右足大腿部の筋肉を痛め、回復には1週間を要するとのこと。

 セビージャを3-0で下し、2戦合計スコア5-0でスペイン・スーパーカップを制したバルセロナ。ファーストレグとは大きくメンバーを入れ替えて臨んだセカンドレグでも、その強さに変わりはなかった。
 
 試合については危なげなく90分を終えたバルサだが、後半途中、CBのマスチェラーノが右足を痛めてピッチに座り込み、80分にベンチへ退いた。この前に、すでに3人の交代枠を使い切っていたため、バルサは残り時間を10人に戦うこととなった。
 
 自ら歩いてピッチを後にしたマスチェラーノだったが、後にチームは、彼が右足大腿部の筋肉を痛めており、回復に1週間ほどを要すると発表。ファーストレグでイニエスタ、マテューが負傷退場したバルサだが、さらに怪我人を増やす羽目となった。
 
 今オフにはユベントス移籍も噂され、バルサにとっては大きなピンチといわれていたが、熟考の末にバルサ残留を決意したマスチェラーノ。しかし今週末のリーガ・エスパニョーラ開幕戦(対ベティス)の出場は困難となった。
 
 これにより8月20日にカンプ・ノウで行なわれるベティス戦では、ピケとウンティティがCBのコンビを組むことになるだろう。

最終更新:8/18(木) 13:09

SOCCER DIGEST Web