ここから本文です

新天地が決まらないバロテッリとモウリーニョが秘密の会合。教え子に「態度を改めろ」と助言か

SOCCER DIGEST Web 8/18(木) 19:15配信

悩めるストライカーにモウリーニョがアドバイス。

 今夏、ミランからリバプールにレンタルバックしたマリオ・バロテッリ。しかし、ユルゲン・クロップ監督の構想に含まれていないため、現在はU-23チームでトレーニングを続け、新天地を探している。
 
 そんなバロテッリに助言をした人物がいる。それは2008年から2010年までインテルで師弟関係にあった現・マンチェスター・U監督のジョゼ・モウリーニョだ。
 
 複数の英メディアが報じたところによると、かつての教え子の現状を気にかけているモウリーニョは、バロテッリと秘密裏に会合し、態度を改め、要求額を下げることを助言したという。
 
 ここ数シーズンは満足いく成績を残せていないバロテッリは今夏、「0から10までのステップがあるとすれば、オレは5で止まっている。だけどこれから10まで辿り着く。いつかバロンドールを獲ってやる」とコメントし、やる気を漲らせていた。
 
 だが、8月1日にイタリア国内の高級レストランで堂々と喫煙しているところをパパラッチされるなど相変わらずネガティブなニュースばかりが流れ、噂に上がったアヤックス、ベジクタシュ、サッスオーロ、キエーボ、ペスカーラなどとの交渉が進展したという話も入ってこない。
 
 元イタリア代表のMFで、ニューヨーク・シティ(MLS)に所属するアンドレア・ピルロからも「多くのビッグクラブでプレーしてきたから忘れがちだけど、彼はまだ25歳だ。トップにたどり着く時間は残されているはずだ。あとは彼次第だし、次のクラブは慎重に選ぶべきだ」とアドバイスを受けたバロテッリは、態度と要求額を改め、サッカーに集中できる環境を得ることができるのか――。稀代の悪童の動向に注目したい。

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

最終更新:8/18(木) 20:05

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革