ここから本文です

冷房による冷えをペットボトル温灸で解消

NHKテキストビュー 8/18(木) 8:00配信

外はうだるように暑いけれど、オフィスは冷房で寒いくらい……そんな極端な温度差に繰り返しさらされて、夏でも体が冷え切っている人が、今増えています。このままでは、夏バテになって気持ちまで落ち込んでしまうことも。危険な「夏冷え」を、ペットボトル温灸術で解消しましょう。鍼灸師の若林理砂(わかばやし・りさ)さんに教えてもらいました。(医学監修:福田千晶)



* * *



冷房ガンガンの室内にいて、体が冷え切ってしまったときに。自律神経の働きをよくするツボを刺激して、体温調節がスムーズにできるようにします。



1 中脘(ちゅうかん)

ろっ骨の下端中心とおへそを結ぶラインの中間





「中脘」のあたりにペットボトルの底を当て、熱いと感じたら離す。3、4回繰り返す。



2 大椎(だいつい)

首を前に倒したとき、最も出っ張るところの下のくぼみ





続いて「大椎」のあたりにペットボトルの底のふちを当てる。熱いと感じたら離す。3、4回繰り返す。



3 仙骨部(せんこつぶ)

尾てい骨の上、脂肪が薄い部分一帯



仙骨部にペットボトルの側面を当て、熱いと感じたら離す。3、4回繰り返す。※肌に直接当てること。



4 膻中(だんちゅう)

4番目のろっ骨の中心( 男性は左右乳頭の中間。女性は指で押して響くところを探す)





最後は「膻中」のあたりにペットボトルの底のふちを当てる。熱いと感じたら離す。3、4 回繰り返す。※肌に直接当てること。



■『NHKまる得マガジン 夏冷えにサヨナラ! ペットボトル温灸術』より

NHK出版

最終更新:8/18(木) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ