ここから本文です

「のんある気分」ECDに近松マサヲミ氏!? 実はお笑い芸人○○が演じる架空の人物

エンタメOVO 8/19(金) 17:31配信

 2011年の発売以来、好評を博しているノンアルコール飲料「のんある気分」のECD(エクセレントクリエーティブディレクター)として、国内外で話題のクリエーティブディレクター近松マサヲミ氏が起用されたことが分かった。

 今回、23日から「のんある気分」をリニューアル新発売するに当たり、“ノンアルチューハイという選択”をコンセプトに、コミュニケーション活動を刷新。ECDとして起用された近松氏は、独創的なアイデアを持って新TVCMの企画やキャスティング、撮影・編集などに携わり、新しくなった「のんある気分」の魅力を発信する。

 実は、近松氏はロバートの秋山竜次が扮(ふん)する架空の人物。「1971年埼玉県所沢市生まれ。総合広告代理店を経て、2013年独立。 クリエーティブエージェンシー『SELECTED』共同CEO。国内外で広告賞を受賞。 サントリーのクリエーティブディレクションを手掛けるのは今回が初」という経歴まで設定されている。これまでも別人への“成り切りぶり”が話題となっている秋山だが、今回はどんなキャラを見せてくれるのか、注目が集まる。

 なお、近松氏がCM作りに取り組む過程は、メーキング動画「Making of the TV commercial」として、ブランドサイトで随時公開していく。第1弾「オリエン篇」では、サントリーからのオリエンテーションを受け、「のんある気分」のCM作りに取り組むことになった近松氏の意気込みをインタビュー形式で紹介。

 その中で彼は「CMに関する総合的なものを全部手掛けています。名前も近松マサヲミで、友達が『イニシャルC・Mじゃん』って言うんですよ。運命的じゃねぇの?みたいな話になり、まあそんな偶然はよくあることだろうけど、自分の中では俺CMのために生まれてきたんじゃないかなって思っていて」などと熱く語っている。

■ 「のんある気分」ブランドサイト
http://suntory.jp/NON-AL/

最終更新:8/19(金) 19:46

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。