ここから本文です

写真館経営者 20代女性弟子に彼氏ができておかしくなる

NEWS ポストセブン 8/19(金) 7:00配信

 いい年した男が、若い女に狂わされてしまう…。そんなよくある話を身近で経験したのが、愛知県に住む女性Tさん(39才)。写真館を経営する夫(44才)が、若い女性のせいでどうにかなってしまったという。Tさんが告白する。

 * * *
 写真館の三代目の夫。地域の小中学校や結婚式場と契約していて、ずっと弟子を1人置いているの。

 で、去年から初めて20代前半の女性の弟子を迎えたんだけど、これがとんでもないドジ子。お得意様の名前は間違えるし、大事なメールはうっかり削除。毎日のように夫に怒鳴られては泣いていたの。

 そうしているうちに情が移ったんでしょ。夫は「おれは育ての親だな」と言い出したのよ。うちは息子3人だから、私も彼女をかわいがったんだけどね。

 その子に彼氏ができてから夫がおかしくなっちゃった。「おれの目が届かないところで何してんだ」と怒ったと思えば、会ったこともない彼氏の悪口を言うから、彼女もイヤ気が差したんでしょ。

「辞めます」って。すると夫は、「心配でしょうがないから、おれの目の黒いうちはダメだ」って泣いたよ。即刻、彼女は荷物をまとめたけど、ま、当然だわね。

※女性セブン2016年9月1日号

最終更新:8/19(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。