ここから本文です

『耳すま』天沢聖司もこの人!ゴジラ・高橋一生が話題

R25 8/19(金) 7:00配信

大ヒット上映中の映画『シン・ゴジラ』に出演している俳優・高橋一生が、人気急上昇となっている。

『シン・ゴジラ』では、日本に襲来したゴジラへの対策を練る「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」のメンバーである“文部科学省研究振興局基礎研究振興課長・安田龍彦”という役を演じた高橋。安田はゴジラを分析する研究員で、理屈っぽい言葉を並べながらも、なんとなくおちゃめな言動を見せる憎めないキャラクターだ。

そんな安田を演じた高橋に対し、ツイッターでは、

「いやシン・ゴジラの高橋一生マジかっこよかった」
「高橋一生さんの演じるオタクっぽいキャラすごい好きなのでどんどんやってほしい」
「シンゴジの高橋一生って、民王にも出てた人やね。いけすかねえ感じのくせのある演技ええな」

と、大絶賛の嵐。さらに女性ネットユーザーからは、

「あ、シンゴジラみてきたよ 高橋一生好きすぎかわいすぎ」
「パニクる高橋一生かわいすぎか」
「シンゴジラは高橋一生のイメージ。安田がかわいい」

と、「かわいい」の連呼となっているのだ。

ちなみに、高橋は15歳の頃に、アニメ映画『耳をすませば』の天沢聖司役の声を担当。ツイッターでは、

「高橋一生さんがあの『耳すま』の天沢聖司くんの中の人だと今初めて知って震えている」
「文部科学省の役の高橋一生が耳をすませばの天沢聖司君だったってことに驚いてる」

と、『シン・ゴジラ』の好演をきっかけにその事実を知ったというネットユーザーも多かった。

現在放送中のテレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ! -総理の料理人-』にも出演している高橋。今後の注目度もどんどん高まっていきそうだ。
(奈波くるみ)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/19(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。