ここから本文です

リオ五輪は「根性ある」「野心がある」女子アナが現地入り

NEWS ポストセブン 8/19(金) 11:00配信

 日本のメダルラッシュに湧くリオデジャネイロ五輪。テレビ各局の中継も気になるところだが、特に注目を集めているのが、松岡修造(48才)と福山雅治(47才)がスペシャルサポーターを務めるテレビ朝日だ。

 かわいくて仕方がない後輩・錦織選手の中継では、興奮しすぎて視聴者に背を向ける形で画面に釘づけになるなど、相変わらず熱すぎる修造。一方福山は、猫ひろし(39才)と、銀座でバッタリ会ったことがあると、試合には関係ないことを突然ぶっちゃけるなど、クールなマイペースタイプ。

 うまくハマるとは思えないキャスティングではあったが、その伏線は開会式にあった。修造が「こちらがサンバだとしたら、日本(での開催でかける音楽)はなんでしょうかね、演歌?」「(東京五輪での開会式は)福山さん、やるべきですよ!」と暑苦しく迫ると、福山が「いや~、修造さん、ハハハッ…」と苦笑い。これには「ふたりの良さを消し合ってる」「混ぜるな危険って香りがする」という残念な評判が噴出していた。果たして、閉会式までに息を合わせることはできるのか…。

 ロンドン五輪の時は各局の看板女子アナたちがこぞって現地入りし、五輪を華やかに盛り上げたが、今回は…アレレ、ちょっと地味め? 『スポーツ報知』のカメラマン・竜田卓さんはこう話す。

「確かに東京で見かける姿とは全然違う。日差しの強い昼でも羽織物を羽織って長袖だし、パンツ姿です。リオに来てから、彼女たちのスカート姿を一度も見ていません」

 それは、世界有数の治安の悪さに加え、ジカ熱が流行中ゆえ。各国でもスター選手が次々に出場拒否を示したが、女性にとってはあまり行きたくない国といえそう。通常五輪取材とは、テレビ局を代表していくから、超花形ともいえるのだが、今回ばかりはワケが違うのだ。実際、ロンドンの時に比べて派遣される女子アナの数もぐっと減った、と語るのは女子アナ評論家の上杉純也さん。

「ただ、テレビ東京の秋元玲奈アナ(31才)や、NHKの杉浦友紀さん(33才)ら根性あるアナ、日テレの徳島えりかアナ(27才)などステップアップを狙うアナは現地入りしています。ロンドン五輪でテレビ朝日の竹内由恵アナ(30才)が、ボクシングを熱心に取材していたら村田選手が金メダルを取って、それ以来竹内アナがより注目されたように、何か“得意分野”を見つけるアナウンサーが出てくるかもしれません」

 リオまでの直行便はなく、乗り継ぎで22時間前後。日本とは12時間の時差があるため、日中は取材、夜は日本への中継とゆっくり眠る時間もない。そんな過酷な出張ゆえ「リオ手当」は出るのだろうか。

「各局の出張手当は、国内5000円前後、海外はその倍ぐらい。今回は、時差の関係で実働時間が長いので、時間外手当は出ますが、“リオだから”という特別な手当は出ませんね」(テレビ局関係者)

※女性セブン2016年9月1日号

最終更新:8/19(金) 11:00

NEWS ポストセブン