ここから本文です

性別で「お手伝い」を振り分けちゃダメ?

R25 8/19(金) 7:00配信

家庭内で子どもにお手伝いをお願いする際、「お姉ちゃんは女の子だから料理」「お兄ちゃんは男の子だから庭掃除」というように、性別で役割を振り分けたことはないだろうか?

しかし、お手伝いを通じて子に自主性やコミュニケーション能力を養う場合、性別に関係なくフラットに家事や仕事を分担させたほうが良いのだとか。ついつい、性別でくくりたくなるけど、そんなとき、親はどんな姿勢でいればいいのだろう? 三姉妹の父であり、K.I.T(金沢工業大学)虎ノ門大学院主任教授の三谷宏治さんに話を聞いた。
●男女関係なく“係”として役割を振り分ける

「性別に関わらず“お手伝い”をさせるだけ、ですね。得意・不得意はあるでしょうけれど、ほとんどの家事は大した力仕事でもないので男女は関係ありません。掃除も食器洗いも洗濯も、性別に関わりなく“係”として、分担させましょう」(三谷教授 以下同)

「八百屋の子」として育った三谷さん自身、姉と弟に挟まれた3人きょうだいの真ん中として、膨大な家事と家業のお手伝いを分担してやりながら成長したという。

「どんなお手伝いも、まず2歳上の姉が担当し、2年後にそれを私が引き継ぎ、数年経って6歳下の弟が取り組むといった具合。性別は関係ありません」

例えば、夕食の準備。八百屋という夕暮れ時が多忙な仕事柄、両親の夕食は遅くなる。そのため、6時頃には子どもたちだけで先に夕食をとっていたという。

「母は“野菜の煮物”を作っておいてくれますが、それをカレーにするもシチューにするも自由です(笑)。調理して食器を出して配膳して食べて、片づけて、親たちの夕食の準備。毎日やっていたお陰で、ひとり暮らしのときの自炊も楽でしたよ」●家事=家族みんなで分担すべきものと捉えよう

だが共働きが増加しているとはいえ、母親に家事の負担が集中している家庭はいまだ少なくない。そんな両親を見て育った子どもに「家事=女性の仕事」と思い込ませないようにするためには、どうすればいい?

「親の仕事は稼ぐことと子どもを育てること。それを2人が分担している家庭もあるでしょうし、父親が“稼ぐ”中心で、母親が“育てる”中心の家もあるでしょう。そのときには、次の3つのスタンスを夫婦間で確認しておくことが大事です」

1. 育児とは人材育成プロジェクトである。子どもを22歳で自立させ社会に出すことが目的

2. 家事はそのための最高の訓練の場である。極力、(小間使いではなく)子どもたちに任せる。常に家事は不完全であるが、それにお互い文句を言わないこと

3. 親の仕事とは、家事をすることではなく、子どもたちに家事をさせること

「子どもに対しては、家事はみんなで分担すべきもの、と伝えるだけでも構いません。ただそれを“絶対的なもの”と位置づけるだけでいいんです」

家事は家族みんなで分担すべきもの。この基本さえしっかり子どもに伝えることができれば、性別は関係ないのだ。料理も掃除も洗濯も、すべてはその子の生きる力につながっていくのだから。
(阿部花恵+ノオト)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/19(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。