ここから本文です

海外選手 内村航平のわき毛に「なぜ処理しない」とザワつく

NEWS ポストセブン 8/19(金) 16:00配信

 リオデジャネイロ五輪・男子体操団体総合で見事、金メダルを獲得した日本代表チーム。個人でも金を獲得した内村航平選手(27才)のノーミス演技や、白井健三選手(19才)のかわいらしさに話題が集まったが、実はそれと同じくらい世界が密かに注目しているのが「わき毛」の話。両手を上げてポーズを取るウッチーはわき毛がボーボーなのに対し、白井はつるつる。

 例えば水泳選手の場合は、水の抵抗を少しでもなくすため、み~んなつるつるなのが常識だけど、体操ってどうなってる?

「体操は毛の有無が得点に影響することはありませんから、個人の自由。もともと薄い人は平行棒などで擦れて、わき毛が切れてしまい、目立たなくなる人もいます。

 ただ、昔の選手はほとんど処理していなかったのですが、白井選手のように若い選手ほど処理している傾向があります。これは海外の影響も大きいと思います。欧州では男性の身だしなみのひとつとして、わきはもちろん脚や腕を除毛する人が多いんです。

 ですからあれだけ強くて注目を浴びている内村選手のわき毛は、海外選手の間ではかなり注目の的。“なぜ処理しないんだろう”とある意味、彼の強さ以上にみんなをザワつかせています」(現地にいるスポーツ紙記者)

※女性セブン2016年9月1日号

最終更新:8/19(金) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。