ここから本文です

金メダル級のビジュアル!? 夢アドが全員で映画出演!

Smartザテレビジョン 8/19(金) 12:00配信

内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務め、10月22日(土)に公開される映画「金メダル男」に、とにかく“全員かわいい!”と話題の5人組アイドルグループ・夢みるアドレセンスが

【写真を見る】美し過ぎる!? 本来の夢アドのビジュアルはこちら!

出演していることが明らかになった。

夢みるアドレセンスは、“カワイイだけじゃダメなんですか!?”を合言葉に、人気ティーンファッション誌のモデルを中心として結成された女性アイドルグループ。

メンバーは荻野可鈴(リーダー)、山田朱莉、志田友美、小林れい、京佳の5人。“夢アド”の愛称で親しまれ、'12年にグループ結成以降、これまでリリースしたシングル全てがオリコンウイークリーチャートTOP10にランクインするなど、ビジュアルだけでなく音楽性の高さでも話題を呼んでいる。

さらに、ことし7月にはメンバーの志田が主演を務める、映画「トイレの花子さん新章~花子vsヨースケ~」が劇場公開され、演技の面でも注目が集まっている。

そんな話題の夢アドが、フルメンバーでは初となる映画出演を本作で実現。彼女たちが演じるのは、主人公・秋田泉一(知念侑李)が通う高校の生徒役だ。

失敗続きだった中学生時代からの再起を図るため「表現部」を立ち上げたものの、自作の俳句や絵画や舞を中庭で表現する“変わり者”として扱われていた泉一は、文化祭で披露した「坂本龍馬 その生と死」の舞で一躍文化祭の主役に。

夢アドの5人は、泉一の人生の転機となる物語の重要なシーンに出演し、舞を披露した泉一に拍手喝采を送る女子高校生を熱演している。

映画初出演を果たしたメンバーを代表し、志田は「豪華キャストさんの中に、私たち夢アド5人での映画出演が実現してとてもうれしかったです! 女子高生役として、楽しく演技させていただきました! 夢アドファンの方にも、この5人が同じ学校だったら最高だよね!と言われることがあるので、ぜひ皆さんに見ていただきたいです! ぜひ私たちの演技にも注目してください!」と、出演の喜びをコメントした。

また、内村監督の印象を「幼いころからテレビで見ていた、お笑いの方としての内村さんと全く同じで、笑顔がすてきで気さくに話し掛けてくれる、とっても優しい一面と、撮影になった時の真剣な表情とのギャップがすてきでした! 内村監督、ありがとうございました!」と明かした。

内村、知念、木村多江ら主要キャストに加え、キラキラ輝くビジュアルを誇るアイドルグループの出演と、まさに“金メダル級”の超豪華なメンバーによる夢の共演は、内村監督だからこそ実現できた本作だけ。他にもまだアッと驚く出演者がいるかも…しれないので、続報及び映画の隅々までチェックしてみよう。

最終更新:9/10(土) 14:35

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。