ここから本文です

まだ間に合う!東京で楽しむ8月後半の花火大会

東京ウォーカー 8/19(金) 19:42配信

夏といえば花火だが、既に8月も後半に突入してしまった。そこで今回は「行きたかったけど行けなかった」という人のために“まだ間に合う花火大会”を紹介しよう。

【写真を見る】映画のまち調布“夏”花火2016は8月21日(日)に開催!

■ 平成28年度 川崎市制記念 第75回多摩川花火大会 ※開催日/8月20日(土)

川崎市制記念として毎年行われる同大会。約6000発の花火が真夏の夜空を彩る。注目は、光と音楽のコラボレーション「ハナビリュージョン」だ。

また、ご当地アイドルのミニライブなどステージイベントも開催されるので是非チェックしてみて。

■ 映画のまち調布“夏”花火2016 ※開催日/8月21日(日)

約8500発(最大8号玉)が打ち上げられる同花火大会。多摩川の自然をバックに豪華絢爛なプログラムが実施される。ちなみに、こちらでも音楽と花火が共演する調布花火名物「ハナビリュージョン」を実施。音楽と華麗にシンクロする生き生きとした演出は必見だ。【ウォーカープラス編集部/Raira】

最終更新:8/19(金) 19:42

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。