ここから本文です

篠崎愛「恋だの愛だのぬかしやがってよ!」

BEST TIMES 8/19(金) 17:09配信

私にも「黒い部分」は普通にある

「カラオケ★バトル芸能界No.1決定戦」などの歌番組で、圧倒的な歌唱力を見せつけ、視聴者の度肝を抜いたグラビアアイドル・篠崎愛。「AGAスキンクリニック」のCMでSomething Elseの『ラストチャンス』をナース服で歌っていた姿が印象に残っている人も多いだろう。そんな彼女が8月24日、ついに歌手としてメジャーデビューする。
 ユニット活動、インディーズソロデビューを経て、まさに“満を持して”のメジャーデビューとなった第一作のタイトルは、ロリ顔癒し系のイメージとかけ離れた『口の悪い女』。
 ハードなメロディに過激な歌詞ながら、どこか昭和歌謡を感じさせる耳なじみのいいこの曲について、また、歌手・篠崎愛の今の心境について、聞いてみた。

――まずはメジャーデビュー、おめでとうございます! デビュー曲はテレビや雑誌で見る篠崎さんのイメージとかなり違う、ハードな感じになっていますが……。
「すごいタイトルですよね(笑)。でも『口の悪い女』がデビュー曲って、おもしろくて私的には「大アリ」なんです。やっぱり、グラビアの篠崎愛とは違う面を見せていきたいので」
――思惑どおりの反応ということですね(笑)。歌詞もかなり過激ですね。「恋だの愛だのぬかしやがってよ」とか「どこまでも鈍感なヤツめ」とか……。
「ふふふ。でも、私のなかにもこういう面はなくもないし……ていうか、軽めに言おうとしたけど、普通にあるし(笑)。グラビアのときは"癒しのシンボル"でいようと思っているんですけど、今回はもう、女の子の黒い部分や強い部分にフィーチャーしたものにしてしまおうと思い、こういう感じになりました。やるならやりきったほうがいいですしね」
――PVでは男性を引っぱたいたり、水をかけたり、大暴れですね。
「あれ、ホントにけっこうな勢いで殴ってるんですよ。完成したものはスローモーションになっているので、迫力が半減してしまったのは少し残念ですけど(笑)。衣装にも、私の意見を反映してもらってます。手袋をつけたいとか、チョーカーをしたいとか、いろいろアイデアを出しています」
――中森明菜さんを彷彿とさせる衣装ですよね。途中に出てくる看護婦の衣装も、AGAのCMを思い出します。
「あー、確かに! 全く意識してなかったです(笑)」
――(笑)。完成したデビュー曲、自信のほどはいかがですか? 
「もっとグラビアのイメージを引きずって、おとなしい感じになると思ってたんですけど、予想を裏切ることができてよかったです。ファンの方はおじさまが多いんですけど『俺ら世代にドンピシャだよ!』と喜んでもらえてますね。個人的にも自信があるし、すごく気に入ってます」

1/3ページ

最終更新:8/19(金) 17:24

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。